FANDOM


デフォリエーター配備タンク(Defoliator Deployment Tank)、略称DDTは、独立星系連合デフォリエーター・カプセルの運搬・発射用に改造した装甲型強襲用戦車である。このリパルサーリフトタンククローン戦争最初のに登場し、複数の戦いで活躍した。

特徴

Defoliator

デフォリエーター発射装置

デフォリエーター配備タンク(DDT)はニモーディアンロク・ダード将軍によって設計された。DDTタンクは装甲型強襲用戦車(AAT)の改造バージョンで、オリジナルとの最大の違いは、機体上部に設置されたデフォリエーター・カプセル発射用の砲台である。このほかに、DDTは側部距離測定レーザーと側部対人レーザーを各2門、エネルギー弾発射装置を6基搭載していた。DDTタンクはドロイドパイロット1体、砲手1体に加え、カプセルの装填係2体によって運用された。

デフォリエーターのカプセルは1発ごと手動で装填する必要があった。DDTタンクから放たれたデフォリエーター・カプセルは、着弾と同時に広範囲に及ぶ衝撃波を発生させた。デフォリエーターの衝撃波は生命体にのみ破壊効果を持ち、機械には無害だった。また、デフォリエーターの衝撃波は偏向シールドを突破することができなかった。

歴史

22 BBY、デフォリエーターとその配備タンクを完成させたロク・ダード将軍は、惑星マリダンで新兵器のテストを行った。ダードは平和を好むルアメンでデフォリエーターの破壊力を試そうとしたが、偶然この惑星に不時着していたジェダイのチームが彼の計画を挫いた。ジェダイ・ナイトアナキン・スカイウォーカーアイラ・セキュラパダワンアソーカ・タノクローン・コマンダーブライキャプテンレックスシールド発生装置でDDTタンクから村を守り、バトル・ドロイドとの戦いを制する。DDTタンクはスカイウォーカーによって破壊され、ダードも共和国の囚人となった。

20 BBYドロイド軍最高司令官グリーヴァス将軍ダソミア戦いでDDTタンクを出動させた。DDTタンクはを焼き払ってナイトシスターを圧倒する活躍を見せたが、元ダーク・ジェダイアサージ・ヴェントレスによって破壊された。

登場作品

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。