FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 

デパ・ビラバ(Depa Billaba)はキャラクタン女性で、銀河共和国時代末期のジェダイ・マスタージェダイ評議会のメンバーだった。惑星キャラクタで生まれた後、彼女は若い頃にジェダイ・オーダーに加わり、マスター・メイス・ウィンドゥのもとで訓練を積んだ。ナブー危機のさなか、マスター・クワイ=ガン・ジンが評議会にアナキン・スカイウォーカー少年を連れて来た際、ビラバとウィンドゥも会議に参加していた。ナブーの戦いの後、彼女はジンの葬儀に参加した。分離主義危機クローン戦争の時代も、彼女は評議員としてオーダーに仕えていた。

クローン戦争中、ビラバはケイレブ・デュームという名の人間パダワンにとった。カラーの戦いの後、シーヴ・パルパティーン最高議長によってオーダー66が発令され、ビラバとデュームはクローン・トルーパーによる奇襲を受けた。ビラバは弟子を逃がすため自らを犠牲にし、生き残ったデュームはケイナン・ジャラスと名を変えて銀河系を放浪した。当初、ジャラスはジェダイであることを隠しその日暮らしの仕事をしながら生活していたが、やがて銀河帝国の暴政に抵抗する反乱者になった。亡き師匠の思い出を大切にしていたジャラスは、自らもエズラ・ブリッジャーという若者をパダワンに取り、訓練を施した。

表記

反乱者たち(2) 帝国の日』ではデパビラバと表記されている。『新たなる夜明け』下巻巻末の久保卓哉による作品解説ではデパ・ビバラと誤表記されている。『アルティメット・スター・ウォーズ 完全保存版大百科』ではデパ・ビリバと誤表記されている箇所がある。

登場エピソード

参考資料