FANDOM


Queicon

この記事のタイトルはあくまで仮の名称です。

正式名称が不明なため、記事名に仮のタイトルが充てられています。

この戦いは、旧シス戦争のさなかの3997 BBYに、惑星デネバで発生した。クラース聖戦と呼ばれる一連の戦いの序盤に、クラースと呼ばれるダークサイドの秘密結社が、デネバに集まっていたジェダイに奇襲攻撃を仕掛けたことで勃発した。クラースの指導者サタール・キートは、都市シナガーの拠点から、ウォー・ドロイドの大軍を遠隔操作した。当時デネバではジェダイの集会が開かれ、エンプレス・テタ星系におけるクラースの脅威について話し合われていた。クラース・ウォー・ドロイドは、戦う準備が出来ていないジェダイの不意を突いたが、ジェダイは組織化された防戦を展開し、敵の進撃を止めた。しかし、大ドロイド革命ビースト大戦フリードン・ナッドの反乱の終結に貢献したことで有名なジェダイ・マスターアーカ・ジェスは、この戦いで弟子のジェダイ・ナイトウリック・ケル=ドローマをかばい命を落とした。

背景

Blue Glass Arrow 詳細はデネバの秘密会議を参照
JfleetDeneba

デネバに集まる何千というジェダイ

3997 BBY銀河共和国ジェダイの連合艦隊は、コロス・メジャーの戦いで秘密結社クラースに大敗した。この事態を受け、ジェダイ・オーダー惑星デネバメルー山で大規模な集会を招集した。

フォースを通した呼びかけを聞きつけ、何千というジェダイ・マスターナイトがデネバに向かい、マスター・オダン=ウーアの導きのもとで集結した。ジェダイ集会が始まると、オダン=ウーアはノーミ・サンライダーウリック・ケル=ドローマに発言を許可した。ふたりは集まったジェダイに対し、フリードン・ナッドの反乱シスが果たした役割や、エンプレス・テタ星系で発生したばかりの戦いについて説明した。

秘密結社クラースおよび彼らの使うシス魔術の脅威が、ジェダイと共和国の安全を脅かし続けていると説明したケル=ドローマは、考えていた作戦を参加者たちに提案した。彼は、クラースに潜入することでシスの脅威を内部から滅ぼしたいと考えていたのである。デネバに集まっていたジェダイの多くは、共和国とジェダイが最大限の戦力で反撃をすることが、クラースを破る唯一の方法だと考えていた。しかしケル=ドローマは、軍事作戦が長引いた場合には何千という命が失われることになるが、潜入作戦を行うことでそれを回避することが出来ると信じていた。自分の作戦に間違いはないと考えるケル=ドローマは、会議に参加したジェダイたちと議論を交わした。

しかし、ケル=ドローマの師匠だったアーカ・ジェスや、ショアネブ・スールデイス・ディアス、マスター・シャヨトといった多くのジェダイが、ダークサイドを内部から滅ぼそうとすることの危険性について語った。反対意見を唱えるマスター・ジェスは、ダークサイドを完全に破壊することは不可能だが、マスター・ソンが惑星アンブリアで行ったように、闇の力を封印することは可能だと語った。さらにマスター・ジェスは、たとえジェダイが独力でダークサイドを倒すことが出来なかったとしても、仲間たちと力を合わせて光の壁をつくり出せば、どんな闇の存在も封じ込めることが出来るだろうと説明した。

戦闘

Swdl3

アーカ・ジェスの死

地上でジェダイの会議が行われる中、デネバの軌道に集まった大量のジェダイの宇宙船に紛れ、未確認のテタン・コルセアが惑星に到着していた。テタン・コルセアは、クラースの指導者サタール・キート(彼本人は、エンプレス・テタ星系の安全な場所にいた)が前もって決めていた時間通りに、大量のクラース・ウォー・ドロイドを積んだ脱出ポッドを発進させた。ジェダイが気づかないうちに、クラース・ウォー・ドロイドは惑星の大気圏を大挙して降下した。クラースは、ジェダイの不意を突いて彼らに破壊的な打撃を与えることで、ジェダイ・オーダーに更なる混沌と混乱をもたらし、自分たちの戦いを邪魔する者を排除しようと企んでいた。

ウォー・ドロイドは、ジェダイ会議が行われていたメルーへと雨のように降下した。ジェダイが思いもよらぬ攻撃に対処する中、彼らの使用人ドロイド(クラースのスパイによって破壊工作を施されていた)もまた、ジェダイを攻撃せよという指令を受け取った。2種類のドロイドによる攻撃が始まったことで、戦いは秩序のない乱闘へと変化した。戦闘の序盤、不意を突かれた多くのジェダイが命を落とした。しかし、大多数のジェダイはかろうじて防衛網を張り、クラースによる攻撃を押しとどめ、最終的には撃退することに成功した。戦闘中、マスター・アーカ・ジェスはドロイドの機能を停止させるフォースの技術(彼が4015 BBY大ドロイド革命で完成させた技)を使用した。

ジェダイは自衛のために戦ったが、その後も何人かの犠牲者が出ることになった。ウリック・ケル=ドローマを救おうとして、背後からブラスターの銃撃を受けたアーカ・ジェスもまたそのひとりだった。致命傷を負ったジェスは、哀しみに暮れるケル=ドローマの腕の中で命を落とし、フォースとひとつになった。ケル=ドローマは戦いが終わった後も、マスター・ジェスが死んだ場所に数時間とどまっていた。デネバの戦いを受け、ケル=ドローマはクラースへの潜入作戦を実行に移す決心を固めた。彼は、自身の命を含め、いかなる犠牲を払っても敵を滅ぼすと誓った。

その後

メルー山における戦いの後、ケル=ドローマはクラースの領域に向かう準備をするため、ジェダイ集会を後にした。クラース潜入任務に出発して以降、ケル=ドローマからの連絡は数かにわたって途絶え、ジェダイは彼の任務が失敗に終わったのだと考えた。ノーミ・サンライダーは、行方不明のケル=ドローマをエンプレス・テタ星系で捜索および救出するため、仲間たちとともに現地に向かった。

制作の舞台裏

デネバの戦いは未邦訳コミック・シリーズ『Star Wars: Tales of the Jedi』の『Dark Lords of the Sith 3: Descent to the Dark Side』で描かれた。このコミックの作者はトム・ヴィーチケヴィン・J・アンダースンで、イラストはクリス・ゴセットが担当した。ヴィーチとアンダースンは、デネバにおける戦いを、主人公ウリック・ケル=ドローマがダークサイドへ転向するひとつのきっかけとして描いた。

登場作品

  • Tales of the Jedi: Dark Lords of the Sith audio drama
  • Tales of the Jedi: Dark Lords of the Sith 3: Descent to the Dark Side (初登場)
  • Tales of the Jedi: Dark Lords of the Sith 4: Death of a Dark Jedi (言及のみ)
  • Tales of the Jedi: Dark Lords of the Sith 5: Sith Secrets (言及のみ)
  • Tales of the Jedi: The Sith War 1: Edge of the Whirlwind (間接的に言及)
  • Tales of the Jedi: The Sith War 3: The Trial of Ulic Qel-Droma (回想シーン)
  • Adascorp Fiscal Period Financial Report and Outlook: Field Report: Project Black Harvest (間接的に言及)
  • Star Wars: Knights of the Old Republic 48: Demon, Part 2 (間接的に言及)

参考資料

関連項目

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki