FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 

デックス・タイリー(Dex Tiree)は惑星オンダロン出身の人間男性で、反乱同盟スターファイターパイロットである。Yウイング・ボマーによって構成されるゴールド中隊に所属し、“ゴールド2”としてジョン・ヴァンダー隊長のウイングマンを務めた。タイリーはヤヴィンの戦いダース・ヴェイダーに撃墜され、戦する。

経歴

人間男性、デックス・タイリーはインナー・リム惑星オンダロンに生まれた。0 BBY以前、タイリーは銀河帝国と争っていた共和国再建のための同盟に加わり、同盟軍スターファイター部隊パイロットとなった。彼はBTL-A4 Yウイング強襲用スターファイター/ボマーゴールド中隊コールサイン・“ゴールド2”を務め、ゴールド・リーダージョン・ヴァンダーのウイングマンを担当していた。[3]

0 BBY、タイリーはヤヴィンの戦いに参加し、ゴールド中隊やレッド中隊の仲間とともに衛星ヤヴィン4ベース・ワン基地から出撃する。戦闘中、タイリーはヴァンダーやデイヴィッシュ・クレイルゴールド5)とともにデス・スター子午線トレンチに突入し、巨大バトル・ステーションの弱点である排熱孔を目指した。タイリーは先頭を飛行するヴァンダー機を補佐したが、シス卿ダース・ヴェイダー操縦するTIEアドバンストx1による後方からの銃撃でYウイングを撃墜され、命を落とした。[2]

装備

他のゴールド中隊隊員と同様、デックス・タイリーはオレンジ色のフライト・スーツを着用し[2]コーンセイヤー・マニュファクチャリング社K-22995ヘルメット[4] をかぶっていた。また、彼はブラスター・ピストルを所有していた。[1]

登場エピソード

参考資料

脚注

他言語版