FANDOM


デザート・サンズ[1](Desert Sands)は銀河内戦中に銀河帝国に仕えた、帝国軍サンドトルーパー部隊である。

特徴

デザート・サンズは帝国ストームトルーパー部隊であり、銀河内戦中に活動した。この部隊の隊員は特化されたサンドトルーパーであり、タトゥイーンのような砂漠惑星の厳しい気候の中で活動するため、アーマーと装備が改造されていた。彼らは重火器とサバイバル・ギア、階級を示すポールドロンを身に着けていた。この部隊には、正規の分遣隊の中にデューバックに騎乗する兵員がいた。

歴史

Sandtroopers

タトゥイーンの砂漠でドロイド捜索を行うデザート・サンズ隊員

デザート・サンズはダース・ヴェイダー旗艦インペリアルI級スター・デストロイヤーデヴァステイター>に配属されていた。この部隊の指揮官はモド・テリック大尉であり、副司令官は上級将校のDSS-0956だった。

0 BBY、この部隊は盗まれたデス・スター設計図を取り戻すため、<タンティヴIV>から射出された脱出ポッドの位置を突き止める任務を与えられ、センチネル級着陸船に乗ってタトゥイーンに降りた。彼らはアルヴィエンドラックスゼータ中隊に分かれ、地元の駐在軍の指揮官コシュの兵員と同行した。

デザート・サンズは脱出ポッドを発見するが、乗り込んでいたR2-D2C-3POは既にいなくなっていた。しかし、ポッドから伸びていた足跡から、彼らはドロイドが乗っていたことを突き止めることが出来た。隊員たちは足跡を追って砂漠を進み、ドロイドがジャワサンドクローラーに連れ去られたことを知った。そのサンドクローラーを探し出した彼らは、ドロイドが水分抽出農民に売り渡されたことを聞き出した。デザート・サンズはサンドクローラーを攻撃し、ジャワを皆殺しにする。その後、デザート・サンズはドロイドを購入した水分農場に赴いたが、またしてもドロイドを捕まえることが出来なかった。彼らは農場を攻撃し、居住者のオーウェンベルー・ラーズ夫妻を殺害した。

コシュ大尉に率いられた部隊はドロイドの逃亡者をモス・アイズリーで捜索したが、見つからなかった。ドロイドが<ミレニアム・ファルコン>に乗って惑星を脱出すると、デザート・サンズは任務を引き上げてタトゥイーンを去った。

<ファルコン>とその乗組員が逃げ去った後、デザート・サンズはモス・アイズリーを確保し、反乱軍を追い出して星系内からその闇市場を一掃した。

登場作品

非正史作品での登場

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ・エンサイクロペディア』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki