Fandom

Wookieepedia

ディーン・ジンズラー

9,739このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする
「私は大使ではないんだ、ガーディアン。私は電気技師だ。父がそうだったように」
―ディーン・ジンズラー[出典]

ディーン・ジンズラーDean Jinzler)はジンズラー家の末子である。人間、男性。

経歴

幼いころ、ディーンは彼の姉ロラナを嫌っていた。それは彼女がジェダイであり、両親がそのことを心から誇りに思っていたからだった。ディーンは姉に嫉妬し、愛されていないと感じたのである。実際には、両親は彼に同じだけの愛情を注いでいたが、彼はそれを拒み、長年にわたった誤った思い込みを抱いていた。ロラナがアウトバウンド・フライトに乗り込む直前、二人は会って言葉を交わし、悪い関係のまま分かれた。

父の後を継ぎ、彼は電気技術者となった。彼はその方面で優秀であり、コルサント元老院に雇われるまでになった。また。クローン戦争中、しばしば銀河を旅し、さまざまなトリックや技術を学んだ。コンデュイット・ワームの撃退法もその一つである。

銀河内戦の終結二年後、彼はタロン・カードの組織に加わった。彼はそこでも実力を認められたが、ジョージ・カーダスからのアドバイスを受けた後、コムラの通信基地に自ら異動し、ニラーンからルークマラに送るメッセージを受け取った。それはチスがアウトバウンド・フライトの残骸を発見した、と言うものだった。彼は通信を差し止め、新共和国の大使に変装して探索行に加わった。この旅の間に彼は過去の過ちと折り合いをつけ、最終的に自分自身を受け容れた。

帰還した後、彼はハンド帝国に移住した。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki