FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 
「ごめんよ、R2。でも僕は一度もディープ・コアにジャンプしたことがないんだ。宇宙船が多くて混みあってるだろうし、状況は変化するものだし、しかもこれはまだ確立されていないルートだ。だから用心するにこしたことはないと思う」
R2-D2に対し、ルーク・スカイウォーカー[出典]

ディープ・コア(Deep Core)は銀河系の中心部の領域。恒星惑星が密集しており、航行には危険が伴った。

歴史

シーヴ・パルパティーンによるニュー・オーダー宣言から5年が過ぎた時点で、銀河帝国ディープ・コア特別警戒区という領域を支配していた。帝国宇宙軍イモビライザー418クルーザーは、特別警戒区の防衛のために開発された。皇帝パルパティーン帝国ルーリング・カウンシルに属すクレン・ブリスタ=ヴァニーは、ディープ・コアの星系へ抜けるハイパースペース・ルートの開拓に貢献していた。

制作の舞台裏

ジェダイの継承者』でルーク・スカイウォーカーがディープ・コアについて「宇宙船が多くて混みあってるだろう」と発言するが、これは誤訳と思われる(混みあっているのは宇宙船ではなく恒星等の天体)。

登場作品

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。