FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 

ディフェンダー・スポーティング・ブラスター・ピストル[1](Defender sporting blaster pistol)はドレリアン・ディフェンス・コングロマリット製のスポーティング・ブラスター

レイア・オーガナ・ソロも使用していた。このモデルはグリップ、本体、バレルの3つのブロックに分解可能で、再組み立ても容易である。その為運搬や秘匿に便利で、銃を隠して持ち歩きたい者、たとえば暗殺者、スパイなどにも好んで使われたという。 自己診断機能を有し、故障の発見や簡単な修理が可能な事も特筆すべき物であろう。パワーパック一個で100発の光弾が発射可能で、かつ再装填に必要な時間も短い。

ディフェンダーはブラスター・ガスよりもパワーパックからのエネルギー供給に頼っている。従って殺傷力が弱く、殺傷の目的のためには直撃を与える必要があった。照準についても軍用のブラスターが電子ターゲットスコープを装備しているが、ディフェンダーは目視による照準ガあるのみである。また、有効射程距離は60メートル程度と言われている。

モジュールの作動を保護するパワー変動減衰機、バレル内のガアルブン・リンク、冷却コイルなど内部に精密電子装置を用いた装置が使われているため、性能を維持するために特殊部品が必要となる。

登場作品

脚注

  1. カタカナ表記はディフェンダーやスポーティング・ブラスターなど、その他の同一表記に従う。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki