FANDOM


「わたしはディビク・ハブ経由は苦手でね。トイダリアンのようなさもしい連中と関わるのは」
ローマン・ハーベイン[出典]

ディビク・ハブ(Dibbik Hub)は銀河系の地名。惑星ロコリへの旅の中継地として機能し、トイダリアンの職員が働いていた。クローン戦争中、ロコリのヘリカル・ハイパーコム社で働くことになったゲイレン・アーソとその妻ライラ、幼い娘のジンは、ディビク・ハブ経由でロコリへ旅した。[1]

登場作品

脚注

  1. 出典:カタリスト
他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。