FANDOM


テヴ・“クラッシャー”・リモン(Tev "Crasher" Rimon)は、人間男性であり、第二次帝国内戦中にシスの暗黒卿ダース・クレイト帝国に仕えたスターファイターパイロットである。彼はガン・イェイジ大佐が指揮する、帝国宇宙軍プレデター級ファイター部隊スカル中隊の隊員だった。

経歴

137 ABYバウンティ・ハンターで元ジェダイケイド・スカイウォーカーボサンジェダイ・ナイトホスク・トレイリスシスのテンプルから救い出そうとしたとき、スカル中隊は銀河系首都惑星コルサントにいた。スカイウォーカーを生かしたまま捕らえよという命令を受け、中隊隊員たちは元ジェダイの宇宙船、<マイノック>と惑星上空で戦ったが、スカイウォーカーはアンダーシティへと逃げ込み、追っ手をまいた。

およそ1週間後、モフニーナ・カリクスト(変装してモフであることを隠していた)を含むスカイウォーカーの仲間たちが、スカイウォーカーが捕らわれているシスのテンプルから彼を救い出そうとしたとき、リモンは再び<マイノック>を相手に飛ぶことになる。彼らが<マイノック>の追跡を始めえたとき、彼らはイェイジ大佐の父親、モフ・ラルフ・イェイジから任務中止の命令を受けた。コバーンはのちに、中隊のほかのメンバーとともにサンダーストローク作戦にも参加している。

1年後の138 ABY、リモンは隠されたテンプルへの攻撃に加わり、スカル中隊のメンバーはそこでジェダイのシャトルを打ち落とすよう命令された。イェイジ大佐は子供たちを攻撃することを拒否し、ダース・ローダーを攻撃した。リモンはイェイジの命令に従い、コルサントでシスの帝国と戦うために亡命帝国に加わった。

制作の舞台裏

このキャラクターが登場する作品は邦訳されていない。

登場作品

ImperialPilots

リモンと中隊の仲間たち

  • Star Wars: Legacy 14: Claws of the Dragon, Part 1 (初登場)
  • Star Wars: Legacy 19: Claws of the Dragon, Part 6
  • Star Wars: Legacy 44: Monster, Part 2
  • Star Wars: Legacy 45: Monster, Part 3
  • Star Wars: Legacy 46: Monster, Part 4
  • Star Wars: Legacy 48: Extremes, Part 1
  • Star Wars: Legacy—War 3
  • Star Wars: Legacy—War 5
他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki