FANDOM


「大きさは問題ではない」
ヨーダ[出典]
AnakinShowoff

テレキネシスで果物を浮かすアナキン・スカイウォーカー

テレキネシス(Telekinesis)はフォースの力を使って物体を浮揚、または操作する能力。充分に訓練を積んだフォース感応者であれば、物体の大きさに関係なくテレキネシスで浮かせることができた。ジェダイシスライトセーバー戦の合間にテレキネシスを使い、敵の不意を突くことがあった。テレキネシスで相手を押し飛ばす技術はフォース・プッシュと呼ばれ、攻撃と防御の両方に使用された。

歴史

「あなたが心で動かしたのは、ヌードルではありません。物理の法則がそれを許しませんから。厳密に言うと、あなたはヌードルではない別のものを動かし、それがヌードルを動かしたのです」
ルーク・スカイウォーカーに対し、ドルーシル・ベフォリン[出典]

惑星ナブー湖水地方にある別荘ヴァリキーノパドメ・アミダラと共に食事した際、ジェダイパダワンアナキン・スカイウォーカーはテレキネシスで果物を宙に浮かせた。彼はもしこんなところをマスターオビ=ワン・ケノービに見られたら、フォースの濫用というジェダイにあるまじき行為を怒られるだろうと語った。

オビ=ワン・ケノービはルーク・スカイウォーカーにテレキネシスの技術を教えることなく死んでしまった。しかし、ルークは惑星ローディアジェダイ・ナイトフーリクライトセーバーを手に入れてその構造を研究し、テレキネシスを使わなければライトセーバーを完成させるのは不可能だと気付いた。ルークはフォースには物体を動かす力があるはずだと確信し、独学でテレキネシスを身に着けた。[1] のちにルークは惑星ダゴバジェダイ・マスターヨーダに師事し、テレキネシスに関するレッスンも受けた。ヨーダはフォースの力に大きさは関係ないことを証明するため、沼地に墜落したルークのXウイング・スターファイターをテレキネシスで持ち上げて見せた。

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。