FANDOM


「なぜこんなことに?」
「原因は突き止める」
―ティプリーとアナキン・スカイウォーカー[出典]

ティプリー(Tiplee)は赤い肌の女性ミキアンで、双子の姉妹ティプラーとともにジェダイ・オーダー銀河共和国に仕えたジェダイ・マスタークローン戦争中、ティプリーは共和国グランド・アーミージェダイ将軍としてクローン・トルーパーの指揮を執った。リンゴ・ヴィンダにおける戦いに参加した際、ティプリーの双子の姉妹は正気を失ったクローン・トルーパーCT-5385(タップ)によって殺されてしまった。行動抑制チップの故障によってオーダー66が誤作動したのが事件の原因だったが、真相はシスの暗黒卿カミーノアンによって闇に葬られた。

その後、ティプリーは他のジェダイと一緒に惑星オード・マンテルを訪れ、ダース・モール率いる犯罪帝国シャドウ・コレクティヴ独立星系連合のあいだに起きた戦いについて調査した。ティプリーはマスター・オビ=ワン・ケノービとともにシス卿を追跡し、小惑星帯の中に築かれたマンダロリアンの補給基地、ヴィズラ・キープ09を襲撃する。戦闘中、ティプリーはジェダイと戦うため一時的にモールと手を結んだ分離主義勢力の指導者、ドゥークー伯爵によって殺害された。

経歴

リンゴ・ヴィンダの戦い

「トレンチ提督は援軍を呼びました。到着する前にセンターを抑えましょう」
―ティプリー[出典]

ミキアン女性、ティプリーは銀河共和国時代の末期にジェダイ・オーダーに仕えた。彼女にはティプラーという名の双子の姉妹がおり、ともにジェダイ・マスターの位を与えられていた。クローン戦争勃発すると、ティプリーとティプラーはジェダイ将軍として共和国グランド・アーミーの指揮を執り、クローン・コマンダーの“ドゥーム”と行動を共にした。戦争中、彼女たちは惑星リンゴ・ヴィンダを巡る戦いに参加し、軌道リング・ステーション独立星系連合と争った。ミキアンの姉妹はジェダイ・ナイトアナキン・スカイウォーカー将軍や、第501軍団クローン・トルーパーと共同で作戦を遂行する。トレンチ提督指揮下のバトル・ドロイド軍はしぶとく抵抗を続け、リンゴ・ヴィンダの戦いは膠着状態に陥った。

Tiplee and Tiplar

リンゴ・ヴィンダで戦うティプラーとティプリー

宇宙ステーションの通信センターを制圧した後、ティプリー、ティプラー、スカイウォーカーは3隊に分かれてトレンチ提督の司令センターへ進軍する作戦を立てた。この作戦は計画通りに進み、3隊は司令センターの手前にある大きな部屋で合流を果たした。分離主義勢力のB1バトル・ドロイドDSD1ドワーフ・スパイダー・ドロイドスーパー・バトル・ドロイド・ロケット・トルーパーの大軍と戦っている途中、“タップ”というニックネームで知られるクローン・トルーパーCT-5385が脳内に埋め込まれた行動抑制チップの故障で精神錯乱状態に陥り、目の前で戦っていたティプラーにDC-15Aブラスターの銃口を向けた。クローンのチップにはジェダイ抹殺を命じる緊急指令“クローン・プロトコル66”がプログラムされており、故障したチップが予定よりも早く指令を実行させたのである。タップはジェダイや他のトルーパーが止める暇もなく引き金を引き、上官のジェダイ将軍を殺害した。ティプリーは姉妹のもとへ駆け寄ったが、彼女はすでにこと切れていた。ティプラーを失った共和国軍は、勝利を目前にして司令センター攻略を諦め、撤退を開始した。

通信センターまで退却した後、ティプリーはスカイウォーカー将軍に付き添い、タップの尋問に立ち会った。未だ錯乱状態にあったタップは、ティプリーを見ると敵対心をむき出しにして襲い掛かった。ティプリーはフォースを使って彼を持ち上げ、壁に押さえつけて身動きを封じた。ティプラーは姉妹を殺したクローンに対して少し感情的になったが、スカイウォーカーの言葉で落ち着きを取り戻し、タップを放した。その後タップは医療ベイで正気を取り戻したが、自分がティプラーを殺したことを覚えていなかった。異常行動の原因は判明しなかったが、ティプリーやクローン兵たちは分離主義勢力がアンチ=クローン・ウイルスを開発したのではないかと推測した。タップはカミーノに送り返された後に命を落とし、彼の同僚のCT-5555が行動抑制チップに隠されたシスの陰謀を突き止めたが、ジェダイ・オーダーに真実を伝える前に殺されてしまった。

ダース・モール捜索

その後、ティプリーはマスター・オビ=ワン・ケノービメイス・ウィンドゥアイラ・セキュラに同伴して惑星オード・マンテルを訪れ、シス卿ダース・モール率いる犯罪帝国シャドウ・コレクティヴと分離主義勢力が争った戦場の跡地を調査した。戦いの残骸を調べたジェダイは、モールが分離主義勢力の指導者であるドゥークー伯爵グリーヴァス将軍を捕まえ、オード・マンテル付近の小惑星基地ヴィズラ・キープ09へ運んだのではないかと推測した。真相を究明してシャドウ・コレクティヴを一掃すべく、ティプリーはケノービと一緒にオード・マンテルを発った。移動中、ティプリーはモールとの再会を目前に控えたケノービの心境を案じた。ケノービにとってモールは親友のサティーン・クライズ女公爵を殺した仇敵だったが、彼は心を乱すことなく任務を遂行するつもりだと語った。

Dooku Kills Tiplee

ティプリーの最期

リパブリック・アタック・クルーザーフェルボス小惑星帯に到着すると、ケノービとティプリーはクローンZ-95スターファイターLAAT/iガンシップに出撃を命じ、自分たちもガンシップの1機に乗り込んだ。彼女たちのガンシップはシャドウ・コレクティヴに属すデス・ウォッチガントレット・ファイターに迎撃され、ダメージを追いながらもなんとか小惑星基地のハンガーに着陸する。ジェダイとクローン兵士がマンダロリアン・スーパー・コマンドー戦いを繰り広げる中、モールはドゥークーを説得して一時的な同盟関係を結び、共和国軍の前に姿を現した。

ウィンドゥとセキュラも遅れてヴィズラ・キープ09に到着し、ジェダイとシス混戦が始まった。ティプリーはケノービと一緒にドゥークー伯爵と戦い、フォース・ライトニングをライトセーバーで防いだ。しかしドゥークーはティプリーを“小さなジェダイ”と嘲り、フォースを使って彼女の体を自分の引き寄せ、ライトセーバーで胴体を突き刺した。次の瞬間、マンダロリアンの戦士が放ったミサイルが付近で炸裂し、ジェダイとシスの決闘に終止符が打たれた。ケノービはティプリーの亡骸を抱きかかえ、トルーパーたちにシス卿の追跡を命じた。

個性と特徴

Tiplee-SWCardTrader

ティプリー

「分離主義勢力がアンチ=クローン・ウイルスを開発しているという噂を聞いたことがあります。生物兵器として」
―ティプリー[出典]

ティプリーはミキアン種族のメンバーで、青い目を持ち、肌は赤かった。彼女は姉妹であるティプラーと同じ模様の青いタトゥーを額に入れていた。ティプリーはリンゴ・ヴィンダで双子の姉妹の最期を目撃したが、事件の直後も取り乱すことなく、冷静さを保っていた。タップに襲われた時はやや感情的になり、このクローンをフォースで押さえつけたが、アナキン・スカイウォーカーの言葉ですぐに落ち着きを取り戻した。オード・マンテルの任務に参加した際、ティプリーはかつての自分と似た立場に立たされたケノービの心情を案じ、彼がクライズ女公爵の仇であるダース・モールを前にして冷静さを保てるのかと心配した。

力と能力

フォースの力に熟練していたティプリーは、オーダーからジェダイ・マスターの位を与えられていた。リンゴ・ヴィンダの戦いに参加した時、ティプリーとティプラーはテレキネシスドロイデカを持ち上げ、クローンが電磁パルス・グレネードを投げるチャンスを作った。彼女は青いブレードのライトセーバーを使いこなし、リンゴ・ヴィンダやマンダロリアン補給基地で剣術を披露した。しかしその戦闘技術もドゥークー伯爵には及ばなかった。伯爵はティプラーの体をフォースで持ち上げて引き寄せ、ライトセーバーで止めを刺した。

制作の舞台裏

Female Sith Concept Art

ティプラーやティプリーのモデルとなった女シス卿のコンセプト・アート

ティプリーはTVシリーズ『スター・ウォーズ クローン・ウォーズ ザ・ロスト・ミッション』の第1話『未知の症状』で初登場を果たした。ティプリーとティプラーの外見は、イアン・マッケイグが『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』用に書き下ろした女性シス卿のコンセプト・アートをモデルにしている。ティプリーは2014年発売のコミックスター・ウォーズ:ダース・モール ダソミアの息子』(ジェレミー・バーロウ作、ジュアン・フリゲリ画)にも登場する。このコミックは『クローン・ウォーズ』の未作成エピソードの脚本を基に製作された。

登場作品

参考資料

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。