FANDOM


Atticon

正史へ移行されていないレジェンズの記事

この記事は正史版を作成する必要があります。

「ここには戦争などない。きみがもたらせばべつだが」
―ティオン・メイドン[出典]

ティオン・メイドン[1](Tion Medon)は、惑星ウータパウ出身のパウアン男性で、パウ・シティ宇宙港行政長官である。彼は灰の肌をした細身のヒューマノイドで、赤いローブを着ていた。クローン戦争の末期、グリーヴァス将軍率いる独立星系連合軍が惑星ウータパウを訪れ、メイドンは仕方なく彼らを受け入れた。その後、ジェダイ・マスターオビ=ワン・ケノービがグリーヴァスを探しにやって来た際、メイドンは将軍がパウ・シティにいることを彼に教えた。

経歴

「ごきげんよう、若いジェダイ。わたしはティオン・メイドン、この平和な惑星の宇宙港管理局局長だ。このような辺境の惑星に、ジェダイがなんの用ですかな?」
―ティオン・メイドン[出典]
TionMedonchron

ティオン・メイドン

痩せて背の高いパウアン種のひとりであるティオン・メイドンは、見たものを動揺させるような外見を持っていた。2列に並んだ尖った歯や、窪んだ目とその周りの赤い模様がそうである。しかし、メイドンは見かけによらず好意的な人物であり、とても役に立つ人物だった。彼は惑星ウータパウで彼が住んでいた縦穴の宇宙港行政長官を務め、パウ・シティを訪れる訪問客を歓迎しサービスを提供していた。

パウアンは長寿であるため、ティオン・メイドンもクローン戦争の頃までに、200年以上も宇宙港の管理官という職を務めていた。彼はウータパウをひとつにまとめた功績を持つティモン・メイドンの子孫である。彼は多くのパウアン同様、太陽の光より闇を、調理された肉より生肉を好んだ。

クローン戦争最後の数週間、ウータパウに独立星系連合の将軍グリーヴァスがやってきた。ティオン・メイドンはやむを得ずグリーヴァスとその仲間が彼の土地を踏むことを許した。このサイボーグの将軍は彼に、もし自分たちを援助しなかったり、銀河共和国に助けを求めるようであれば、彼の都市を破壊すると脅しをかけてきた。メイドンは分離主義者たちが彼らの本拠地としてウータパウを使用するのを、どうすることもできなかったのである。

そんな状況のウータパウを、ジェダイ・マスターオビ=ワン・ケノービがひとりで訪問した。彼はジェダイ最高評議会からグリーヴァスを探すように指示されてやってきたのだった。メイドンはケノービを歓迎し、グリーヴァスの仲間たちに気取られないよう、慎重にグリーヴァスの情報をケノービに与えた。メイドンの情報のおかげで、ジェダイのケノービは独立星系連合の将軍を亡ぼすことに成功したのだった。

制作の舞台裏

TionMedon

オビ=ワン・ケノービと話すメイドン

2005年の映画、『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』でティオン・メイドンを演じたのはブルース・スペンスである。

登場作品

参考資料

Wiki-shrinkable
ウーキーペディアにはティオン・メイドンに関する5枚の画像があります。

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki