FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 

テア・タニール[1](Terr Taneel)はクローン戦争前に銀河共和国に加わった領域、セネックス宙域銀河元老院で代表していた元老院議員人間女性

経歴

テア・タニールは強力なタニール一族の出身であり、孤立主義者のセネックスの貴族たちと比べ、とても前向きな女性だった。タニールはロイヤリスト・コミッティーのメンバーで、コルサントの戦いの直後、ジェダイに助けられたパルパティーン最高議長を離着陸プラットフォームで出迎えた議員のひとりである。

ベイル・プレスター・オーガナモン・モスマ両議員は、タニールが理想主義者であることに気づき、自分たちが水面下で進めていたレジスタンスに参加するよう彼女を誘った。また、タニールはチー・エクウェイ議員と親友になった。彼女は他の議員たちは当時の情勢に対して激しすぎ、また単純すぎると考えていた。しかし彼女はエクウェイも政治的にのし上がろうとする野望を持っているのではないかと疑うようになった。そのため、ギャラクシーズ・オペラ・ハウスバロン・パパノイダと共にエクウェイと話したときも、彼女はエクウェイと用心深く付き合ったのである。

ジュヴェックス宙域の取るに足らない貴族、ハリーキーノヴィッチ家のソン・ハリーキーノヴィッチはタニールと結婚することを望んでいた。そうすることで貴族同士の一族が合体し、自分の家系が威信を獲得することを望んでいたのである。タニールがこれに応えたのかどうかは、公には不明となっている。

制作の舞台裏

テア・タニールを演じたのはジョージ・ルーカスの娘、アマンダ・ルーカス

登場作品

脚注

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki