FANDOM


TsuiChoi
ツイ・チョイ
人物の情報
死亡

19 BBYケッセル

身体の情報
種族

アリーナ

性別

男性

目の色

年代と政治的な情報
時代

帝国の勃興時代

所属
弟子

シーン・フィダ

ツイ・チョイ[1](Tsui Choi)は、銀河共和国の最後の数十間にジェダイ・マスターとして活躍したアリーナ男性。チョイはジェダイ・オーダーが関わったいくつかの紛争に参加しており、33 BBYには、インチョリが共和国に対して反旗を翻した事件で彼らと戦った。共和国と分離主義勢力が争ったクローン戦争では、共和国グランド・アーミージェダイ将軍の地位に就いて戦った。彼はこの銀河系規模の紛争で最初期から終結まで戦い抜いた。

19 BBY、グランド・アーミーのクローン・トルーパーオーダー66の指令が下され、全てのジェダイは国家の敵と判断された。大多数のジェダイが、部下だったクローン兵士の攻撃で命を落としたが、チョイは生き延びて身を隠した。しかし、クローン戦争終結からおよそ1か後、チョイは惑星ケッセルで開かれたジェダイの生存者の会合に参加し、そこでシスの暗黒卿ダース・ヴェイダーと戦うことになる。会合に参加した他のすべてのジェダイと同様、チョイもシス卿ストームトルーパーの襲撃で命を落とした。

経歴

インチョリの暴動

TsuiChoi SaeseeTiin

マイカー・ギエットの死の直後、サシー・ティンとチョイ

アリーナ男性、ツイ・チョイは、銀河共和国の末期にジェダイ・オーダーに仕えていた。インチョリとして知られる爬虫類型種族ジェダイ・オーダーの間に紛争が勃発した時代、ジェダイ・マスターの階級を得ていたチョイは、アンクスシーン・フィダパダワンにとっていた。33 BBY、インチョリが故郷インチョア周辺の星系を攻撃しているという報告が入ると、ジェダイは3つの部隊を調査のため現地に派遣した。チョイは、自ら志願してそのひとつに加わった。チョイとフィダ、人間アディ・ガリアザブラクイース・コスから成る部隊は、インチョリの基地を見つけ出すため、海洋惑星イシースへと送り込まれる。カンセラー級クルーザーでイシースに不時着した4人のジェダイは、この惑星に基地は存在しないことを知った。その代わり、イシースではインチョリの戦士たちが彼らを待ち受けていた。

インチョリの戦士と戦い、退路を切り開いたチョイと3人のジェダイは、惑星を離れるための輸送船を発見した。彼らは、別のジェダイの部隊が同様の任務を遂行していた近隣の惑星、イビッコロへと移動する。合流した2グループは、惑星インチョア(ここでは、ジェダイ・マスター・メイス・ウィンドゥサシー・ティンクワイ=ガン・ジン、ジンのパダワンであるオビ=ワン・ケノービが、インチョリの大軍と戦いを繰り広げていた)に向かった。駆け付けたジェダイの部隊も戦いに加わったが、その後、複数の戦場で発生した戦闘の中で、シーン・フィダは命を落とすことになった。チョイは弟子のを深く悲しんだ。そのためチョイは、デヴァロニアン密輸業者ホルマー・グラーク(インチョリ軍団の協力者のひとりで、ジェダイによって捕えられていた)がカンセラー級クルーザーを盗み出そうとした際、怒って彼を捕まえ、再び拘束した。インチョリの暴動が終結した後、チョイは首都惑星コルサントで催されたパダワンの葬儀に参加した。彼の弟子の亡骸は、同じく任務で命を落としたジェダイ、マイカー・ギエットリリト・ツーシーズらとともに荼毘に付された。

クローン戦争

Tsui Choi1

カミーノの戦いで戦闘機を操縦するチョイ

22 BBY、共和国と、共和国政府からの分離を求める独立星系連合の間にクローン戦争勃発すると、ツイ・チョイは共和国グランド・アーミージェダイ将軍になった。彼はジェダイのアイラ・セキュラとともに、レッド中隊と名付けられたクローン・トルーパーパイロット部隊を指揮するようになった。分離主義勢力が、カミーノアンクローニング施設を破壊することで共和国軍の兵士供給源を断とうと企み、惑星カミーノを襲撃した際、レッド中隊はブルー中隊とともに現地へと派遣された。オビ=ワン・ケノービ(このときジェダイ・ナイトになっていた)が率いるブルー中隊がカミーノへと迫る兵士輸送船を攻撃する中、デルタ7イーサスプライト級軽インターセプターに乗り込んだチョイは、分離主義勢力のスターファイターと戦うレッド中隊を指揮した。戦闘中、チョイの部隊の一員だったジェダイ・マスター・コセックスが撃墜されて命を落としたが、共和国軍は侵略軍を撃退することに成功した。

同じ年、マスター・チョイは、ジェダイ・ナイトのカイ・ジャスティスシアン・ジェイセルとともに、リパブリック・アサルト・シップVCD987>に乗り込んだ。惑星ドロンガーへと航行中、<VCD987>は分離主義勢力の大軍によって襲撃され、エンジンに深刻な損傷を負った。エンジンがもはや機能しなくなった後、分離主義勢力のリーダーであるドゥークー伯爵がこの船に乗り込み、チョイたちジェダイを追い詰めた。ジェダイの味方をつくりたいと考えていたドゥークー伯爵は、チョイたちの前で慈悲深く振る舞い、船に乗っていたクローン・トルーパーたちは殺したものの、ジェダイは解放した。

19 BBY、チョイは惑星キャッシークで始まった分離主義勢力との戦いに参加した。ツイ・チョイと他のアリーナによる偵察チームは、キャン=セルに騎乗してこの惑星の森林の索敵任務を遂行した。

ジェダイの大粛清

Battle of Eriadu

エリアドゥでクローン・コマンダーを殺害するツイ・チョイ

オーダー66が発令されると、多くのジェダイが、かつて味方だったクローン兵士の裏切りで命を落としたが、チョイはこの攻撃を生き延びた。ジェダイの大粛清が進められる中、惑星エリアドゥに逃げ延びていたチョイは、以前は部下だったクローン・コマンダーと、その部隊員たち(彼らはいまや銀河帝国に仕えるクローン・ストームトルーパーになっていた)を殺害した。エリアドゥの路地でトルーパーたちを倒した直後、彼はオーダー66を生き延びたジェダイ、バルター・スワンと再会し、惑星ケッセルでジェダイの生存者による集会があることを知った。チョイとスワンは、ケッセルの放棄されたスパイス鉱山へと旅し、そこでシャデイ・ポトキンコフィ・アラーナシア=ラン・ウェズジャスタス・ファーマキスシャラスロブリオ・ダーテらと顔を合わせた。会合の参加者、特にマスター・アラーナは、オーダー66や大粛清、そしてジェダイ・テンプルにおける虐殺を行ったダース・シディアスダース・ヴェイダーに復讐を求めていた。チョイは、ふたりのシス卿に対して復讐をしても、ダークサイドに足を踏み入れてしまうだけで何の結果も得られないと考え、彼らに反対した。

その後チョイは、マスター・ポトキンが会合の情報をヴェイダーに漏らしていたことを知り、ショックを受ける。ポトキンは、シスの暗黒卿をケッセルにおびき寄せ、他のジェダイと協力して倒そうと考えていたのである。会合が始まって間もなく、シス卿がジェダイの生存者たちを襲撃した。チョイは当初ヴェイダーと戦うことに反対だったが、ウェズが殺されると、戦闘に加わらざるを得なくなった。戦いの中で、チョイはヴェイダーの義手切り落とすことに成功したが、ほとんどのジェダイが暗黒卿に倒されてしまった。チョイとダーテ、ファーは、フォースの力を合わせ、ヴェイダーに瓦礫や採掘装置を投げつけた

DeathofChoi

ツイ・チョイの死

3人のジェダイはヴェイダーを追い詰め、チョイは暗黒卿にとどめを刺そうとした。しかしそのとき、帝国軍ストームトルーパー鉱山に到着した。3人はブラスターの集中攻撃を浴びせられ、ファーが銃弾に倒れた。ダーテが逃げる時間を稼ぐため、チョイはトルーパーたちのいるバルコニーへと跳躍する。しかし、ヴェイダーはフォースを使ってチョイの動きを空中で止めた。トルーパーに狙い撃ちされる直前、死が差し迫っていることを理解したチョイは、空中に浮いた状態からライトセーバーを投げた。この最後の抵抗でヴェイダーのヘルメットには傷がついたが、暗黒卿の命を奪うことは出来なかった。その後、チョイはストームトルーパーに撃たれ、チョイの名を叫んだダーテもまた、撃ち殺された。

共和国に代わる国家として確立された銀河帝国では、ジェダイの大粛清に関する報告がまとめられた。モフマースリン・ウェッセルが編集し、大宰相セイト・ペスタージュによって補足された公式記録には、粛清の初期段階で、数多くのジェダイが児童誘拐や惑星の質汚染の罪を裁かれて処刑された、と記載された。ツイ・チョイの個人ファイルには、彼が違法なスパイス密輸を行ったため処刑されたと記録されていた。銀河皇帝パルパティーンは、この記録の一部をインペリアル・ホロヴィジョンを通じて市民に放送することを許可した。

個性と特徴

温和なジェダイ・マスターだったツイ・チョイは、一方的な暴力や復讐は無意味であると考え、争いを好まなかった。しかし、彼は必要とあれば青(のちには緑色)のブレードのライトセーバーを振るって戦った。ツイ・チョイは、多くの仲間を殺したダース・ヴェイダーと対峙した時でさえ、進んで戦おうとはしなかった。高潔で勇敢な人物だったチョイは、他人の命を救うために自らを犠牲にする決断も下した。彼はその外交手腕や知恵、洞察に満ちた行動で、オーダー内で評判を得ていた。また、彼はジェダイとしての任務の中で宇宙船操縦や水泳の技術を活用していた。

力と能力

ジェダイ・マスター、ツイ・チョイは、フォースの使用やライトセーバー・コンバットに熟練していた。戦闘中、チョイは小柄な体格であることを利用し、アタルとして知られるライトセーバー戦闘型を習得した際に身に着けた、アクロバットな動きの技を多く取り入れていた。ケッセルにおける対決で、チョイはダース・ヴェイダーとライトセーバー・デュエルを繰り広げ、シス卿に引けを取ることなく、この敵の右手首を切断することに成功した。

登場作品

Tsui Choi ROTS

シスの復讐』に登場したツイ・チョイ

参考資料

脚注

Wiki-shrinkable
ウーキーペディアにはツイ・チョイに関する9枚の画像があります。
  1. カタカナ表記は週刊スター・ウォーズ ファクトファイル: 第59号に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki