FANDOM


正史版の内容はこちらをクリック。  レジェンズ版の内容を紹介しています。 

チューバッカ (Chewbacca)はキャッシーク出身のウーキーで、ハン・ソロの宇宙船<ミレニアム・ファルコン>の副操縦士である。キャッシークの戦いクローン戦争に参加し、銀河内戦帝国と戦った。

父親はアティッチトカックマーラトバックの夫で、ランパワローの父親。

経歴

200 BBY、チューバッカはアティッチトカックの息子としてキャッシークに生まれる。チューバッカは他の多くのウーキーとは違い、若いうちから惑星外への多くの旅を経験した。

クローン戦争

クローン戦争が勃発し、独立星系連合キャッシークを侵略すると、チューバッカも友人のターフルらとともに戦闘に参加する。チューバッカらウーキーたちは、ジェダイ・マスターのヨーダやクインラン・ヴォスらと共に敵を食い止める。

だが、オーダー66発令により戦いは終結した。ウーキーと親しいヨーダはクローン・トルーパーに狙われる身となり、チューバッカは彼の惑星脱出を手助けした。

クローン戦争直後

大戦後チューバッカはクッドジェルの紹介で、キャッシークを訪れたオリー・スターストーンに出会う。彼女はオーダー66を生き延びたジェダイであり、自分と同じように虐殺を生き延びたジェダイを探していた。チューバッカは始めこそ彼女を警戒したものの、ヨーダの乗った脱出ポッドを見送ったことを打ち明けた。

スターストーンがやってきてすぐ、キャッシークは帝国軍の攻撃にさらされた。帝国はウーキーの奴隷化を狙い、樹上都市を次々と占領する。チューバッカはスターストーンらと共に<ドランク・ダンサー>で占領の進む惑星を脱出する。

ハン・ソロとの出会い

帝国によるキャッシーク侵略を免れたものの、チューバッカは惑星に置いてきた家族が気がかりで故郷に帰還する。そこで彼は帝国につかまってしまい、奴隷として働かされるようになる。

チューバッカは労働中、帝国軍の将校からひどい仕打ちを受ける。このとき、将校からチューバッカを助けたのがハン・ソロである。ソロは将校より格下だったため、所属していた帝国宇宙軍を除隊させられてしまう。ソロに命を助けられたチューバッカは、彼に“命の借り”を誓い、どこまでも付いていくことを約束した。

ソロはチューバッカを快く思わなかったが、やがてふたりは親しくなる。もと奴隷と除隊させられた兵士の2人はまっとうな仕事に付くことは出来ず、ハットの犯罪組織で働くためハット・スペースへ向かった。

密輸業者

Editicon.png このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

外部リンク

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki