Fandom

Wookieepedia

チューバッカ

9,301このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

正史版の内容を紹介しています。  レジェンズ版の内容はこちらをクリック。 
《怪力のチューバッカもついに捕まったか》
ジャバ・ザ・ハット[出典]

チューバッカ(Chewbacca)は惑星キャッシーク出身のウーキー男性で、ハン・ソロ宇宙船ミレニアム・ファルコン>の副操縦士。チューバッカはクローン大戦を生き残ったベテランの戦士で、共和国再建のための同盟の英雄だった。

チューバッカは銀河帝国奴隷だったが、自由の身になってソロと出会った。そして数間、チューバッカはソロの相棒となり、密輸業者として活動した。銀河大戦のさなか、ソロとチューバッカはオビ=ワン・ケノービルーク・スカイウォーカーC-3POR2-D2と共に惑星オルデランに行く際のパイロットとして雇われ、結果的にデス・スターに乗り込み囚われていたプリンセスレイア・オーガナ救出することになった。その後<ミレニアム・ファルコン>は衛星ヤヴィン4へ逃れ、そこでデス・スターの破壊作戦に参加した。

その後、数年間に渡りチューバッカとソロは様々な場面で反乱軍の支援を行ったが、正式に反乱軍に加入したのはその後である。ホスの戦いの後、彼らは帝国軍から逃れるためクラウド・シティランド・カルリジアンに助けを求めた。しかし、カルリジアンは旧友であるソロを裏切ってダース・ヴェイダーに引き渡した。その後、カルリジアンは改心してチューバッカたちの逃亡を助けたが、ソロは犯罪王ジャバ・ザ・ハットに引き渡されてしまった。その後、チューバッカはカルリジアンと共にソロの救出に赴いた。

ソロを解放してジャバ・ザ・ハットの宮殿から戻った後、チューバッカはソロと共に森林の衛星エンドアの軌道に浮かぶ第2デス・スターを守るシールド発生装置破壊するミッションに加勢した。反乱軍は皇帝シーヴ・パルパティーンが仕組んだ罠に嵌まったが、見事抜け出し帝国軍に大きな損害を与え、新共和国創設への道を切り開いた。

経歴

クローン大戦

Wiki-shrinkable.pngこのセクションの編集は不完全です。記事の編集が求められます。

帝国の台頭

共和国が銀河帝国再編成された後、ウーキーの民は奴隷として帝国軍に捕えられた。ウーキーたちは実験動物として扱われたり、惑星ケッセルスパイス鉱山などで鉱夫として過酷な労働を強いられたのだ。ウーキーであるチューバッカも同様に奴隷として捕まり、帝国地上軍のためにロシュア・ツリー伐採の強制労働を強いられた。しかし、彼は奴隷状態から何とか脱け出すことのできた数少ないウーキーのひとりとなった。

自由の身になったチューバッカは、コレリアン密輸業者ハン・ソロと出会った。最初は饒舌で傲慢でさえあったソロだったが、ふたりを追ってきた賞金稼ぎ海賊たち、同業の密輸業者たちから逃げ、アウター・リム・テリトリーに行き、生活資金を稼ぐためにハットの仕事をこなす中で、チューバッカはソロの人間性に魅せられていった。やがてソロがランド・カルリジアンとのサバックの賭け試合でYT-1300軽貨物船ミレニアム・ファルコン>を手に入れると、チューバッカは船の副操縦士として活動するようになった。

銀河大戦

デス・スターでの救出劇

銀河大戦中、密輸品を運んでいた<ミレニアム・ファルコン>は荷物の検査を受けることになり、チューバッカとソロは犯罪王ジャバ・ザ・ハットに運ぶ予定だった荷物を失った。そんなふたりが砂漠の惑星タトゥイーンモス・アイズリーカンティーナで飲みくれていた時、ジェダイ・マスターオビ=ワン・ケノービ水分農夫ルーク・スカイウォーカーが店を訪れた。彼らは惑星オルデランへの移動手段を探していた。ケノービから話を持ちかけられたソロとチューバッカは、前金として2,000クレジット、オルデランへ到着したら15,000クレジットという条件で仕事を引きうけた。ソロとチューバッカが運ぶことになった乗客は、帝国のデス・スターバトル・ステーション設計図を所有しており、ストームトルーパーに捜索されているお尋ね者だった。ケノービとスカイウォーカー、ドロイドR2-D2C-3POを乗せた<ミレニアム・ファルコン>は、帝国軍に追われながらタトゥイーンを出発した。[1]

Falcon-lounge.png

オルデランへの旅

惑星オルデランへ移動中、ケノービがスカイウォーカーにフォースの使い方を伝授している時、チューバッカはR2-D2とデジャリックの対局をした。しかし、チューバッカはR2-D2が放った一手で不機嫌になった。ソロはドロイドたちに“ウーキーを怒らせると腕を引き抜かれる”と忠告し、ドロイドは仕方なくチューバッカを勝たせるようにプレイした。[1]

オルデラン星系ハイパースペースから飛びだした<ミレニアム・ファルコン>は、惑星の残骸の中に突っ込んだ。オルデランは、デス・スターのスーパーレーザーによって既に破壊されていたのである。その後、<ファルコン>はデス・スターのトラクター・ビームに捕捉され、巨大宇宙ステーションの中に引きこまれた。デス・スター内で帝国の走査をやり過ごした後、ケノービはトラクター・ビームを解除するために制御装置へ向かった。残されたメンバーは、このステーションにオルデラニアンプリンセスレイア・オーガナ(ケノービに設計図を託した反乱同盟軍のメンバー)が収監されていることを知り、彼女の救出に向かった(当初ソロは乗り気でなかったが、スカイウォーカーは救出に成功すれば多額の報酬が出ると請け合い、彼の協力を取り付けた)。スカイウォーカーとソロは、チューバッカに手錠をかけ、囚人を連行しているふりをして監房ブロックAA-23に向かった。独房2187からプリンセスを解放した後、彼らは幾つかのトラブルを乗り越え、<ファルコン>に戻った。ケノービはシスの暗黒卿ダース・ヴェイダーとの対決で命を落としたが、<ファルコン>はステーションから脱出することに成功した。[1]

ヤヴィン4の勝利

Medals.png

ヤヴィンの勝利を祝う式典

<ミレニアム・ファルコン>は、反乱同盟の秘密基地がある衛星ヤヴィン4に向かった。しかし、彼らの貨物船にはホーミング・ビーコンが仕掛けられており、秘密基地の場所が帝国に知られてしまった。ヤヴィンの戦いを目前に控え、プリンセスを救出した分の報酬を受け取ったソロとチューバッカは、反乱軍基地を離れることに決めた。スカイウォーカーはソロとチューバッカが反乱軍の戦いに参加するものと思っていたが、ソロの関心はジャバ・ザ・ハットへの借金を返済することにあった。しかし、スカイウォーカーに別れを告げて秘密基地を離れた後、ソロとチューバッカは結局友人を救うために戦場に戻ってきた。<ミレニアム・ファルコン>がダース・ヴェイダーの操縦するTIEアドバンストx1を妨害したおかげで、スカイウォーカーはデス・スターの排熱孔プロトン魚雷を命中させることができた。ソロとチューバッカ、スカイウォーカーの活躍によってバトル・ステーションは粉々になり、ヤヴィンの戦いは反乱軍の大勝に終わった。[1]

ヤヴィン基地に戻った後、スカイウォーカーとソロは勝利を祝う式典でレイア・オーガナから勇気のメダルを授与され、チューバッカは喜びの雄たけびを上げた。[1] メダル授与式が終わった直後、オーガナは帝国によるオルデラン破壊で亡くなった人びとのための追悼の時間を設けた。その後、ジャン・ドドンナ将軍は帝国軍からの攻撃を避けるため、ヤヴィン4からの即時撤退を命じた。チューバッカも後にメダルを与えられ、ソロとプリンセス・オーガナが冗談をかわすのを見守った後、彼女とは別行動をとることになった。

ホスからの撤退

AbominableChewbacca-SWT.png

ホスの雪原にて、チューバッカ

反乱軍の正式なメンバーとなったソロとチューバッカは、オード・マンテルで賞金稼ぎとの遭遇をくぐり抜けた後、氷の惑星ホスに配属された。この極寒の惑星には、反乱軍の新しい司令本部エコー基地が置かれていた。オード・マンテルの事件を受け、ソロはジャバ・ザ・ハットへの借金を一切合切返済しようと決意しており、チューバッカは基地の格納庫で<ミレニアム・ファルコン>の修理を行った。[2]

しかし、ルーク・スカイウォーカーが雪原の偵察任務中に行方不明になる事件が起き、ソロが救出に向かったため、借金返済は後回しになった。スカイウォーカーはソロとローグ中隊によって無事救出されたが、帝国軍が送りこんだプローブ・ドロイドによって反乱軍基地の場所が特定されてしまった。チューバッカとソロは雪原でヴァイパー・プローブ・ドロイドと戦ったが、ドロイドは情報を送信した後で自爆装置を起動させた。カーリスト・ライカン将軍は、エコー基地の人員に撤退の準備を命じた。ホスの戦いの混乱の中、<ミレニアム・ファルコン>は輸送船での撤退が間に合わなかったプリンセス・オーガナとC-3POを乗せてエコー基地から飛翔した。一方、スカイウォーカーはジェダイ・マスターのヨーダから訓練を受けるため、R2-D2を連れてXウイングで惑星ダゴバに向かった。[2]

ハイパードライブが故障していたため、<ミレニアム・ファルコン>は小惑星帯で帝国軍の追っ手を振り切ることになった。小惑星の洞穴に<ファルコン>を停泊させた後、チューバッカたちは宇宙船の修理に取り掛かった。修理の最中、<ファルコン>がマイノックの襲撃に遭い、ソロは洞穴だと思っていたこの場所が、宇宙ナメクジの口の中であることに気づいた。宇宙ナメクジの中から飛び出し、インペリアル・スター・デストロイヤー数隻を欺いて逃亡に成功した<ファルコン>は、ソロの旧友ランド・カルリジアンがいる惑星ベスピンに向かった。しかしこの時、賞金稼ぎ・ボバ・フェットの宇宙船<スレーヴI>が密かに彼らの後を付けていた。[2]

クラウド・シティの災難

ベスピンのクラウド・シティに到着後、一行はカルリジアンの歓迎を受け、船を修理するために街に何泊か宿泊することになった。しかし、C-3POの突然の失踪に端を発し、カルリジアンやクラウド・シティに対する不安が募っていった。行方不明のC-3POを探していたチューバッカは、廃棄物処理場でバラバラになっていたドロイドを発見し、部屋に持ち帰った。その直後、カルリジアンからの誘いを受けたチューバッカとソロ、オーガナは、シス卿ダース・ヴェイダーとストームトルーパー部隊が待ち受ける部屋へ案内された。[2]

Chewbacca Chokes Lando.png

カルリジアンに掴みかかるチューバッカ

ソロとオーガナがダース・ヴェイダーのところに連行され尋問を受けている間に、他のメンバーと隔離されたチューバッカは、C-3POの修理を始めた。その後、反乱分子はクラウド・シティのカーボン凍結室へと連行された。ボバ・フェットにソロを引き渡す約束をしていたヴェイダーは、実験も兼ねてソロをカーボナイトで冷凍した。チューバッカはソロを守ろうと奮闘したが、力及ばなかった。生きたまま凍結されたソロは、賞金稼ぎの宇宙船<スレーヴI>へと運ばれた。その頃、フォースを通して友人たちの危険を察知したルーク・スカイウォーカーが、ダゴバからベスピンへやって来た。オーガナの警告を無視し、スカイウォーカーはダース・ヴェイダーとの対決に臨んだ。[2]

チューバッカとオーガナはヴェイダーの宇宙船に連行される予定だったが、カルリジアンはシスを裏切り、ふたりの拘束を解いた。チューバッカは怒りのあまりカルリジアンに襲い掛かったが、オーガナはなんとかそれを諌め、フェットの後を追った。しかし、チューバッカたちが離着陸場に到着した直後、ソロを積み終えた<スレーヴI>は飛び去ってしまった。チューバッカたちはR2-D2と合流し、<ミレニアム・ファルコン>でクラウド・シティを脱出することになったが、オーガナがフォースを通してスカイウォーカーのピンチに気づき、一度街へ引き返すことになった。シス卿に敗北したスカイウォーカーを回収した後、<ファルコン>は同盟軍艦隊の再集結地点に赴いた。その後、チューバッカとカルリジアンは他のメンバーを残してソロの捜索に向かった。[2]

ソロの救出

ソロがジャバ・ザ・ハットの宮殿に囚われていることが判ると、警備兵に扮装したカルリジアンがまず最初に宮殿に潜入した。続いてR2-D2とC-3POが送りこまれた後、賞金稼ぎのブーシに変装したレイア・オーガナが、捕虜のチューバッカを手土産にジャバのもとを訪れた。オーガナはサーマル・デトネーターを使ってジャバを説得し、チューバッカは牢屋に閉じ込められた。その夜、オーガナはソロを解放しようとしたが、彼女の企みを見抜いたジャバに捕えられてしまった。チューバッカは、解凍されたソロと牢屋で再会し、熱い抱擁を交わした。チューバッカはジェダイ・ナイトになったルーク・スカイウォーカーが彼らを救いに来てくれるだろうと説明したが、ソロはその言葉を疑った。[3]

HanLukeChewie sentenced.jpg

ジャバから死刑を言い渡されるチューバッカとソロ、スカイウォーカー

その後、スカイウォーカーはビブ・フォーチュナ欺き、ジャバのランコアを倒したが、結局他の仲間と同様に捕えられてしまった。ハットの犯罪王は、チューバッカとソロ、スカイウォーカーに死刑を言い渡した。彼らはデューン・シーにあるカークーンの大穴に運ばれ、サルラックの餌食として放り込まれることになった。[3]

処刑場に運ばれた後、スカイウォーカーはR2-D2に預けてあったライトセーバーを受け取り、スキッフの上でジャバの手下たちを倒していった。乱戦の中、チューバッカはカーボン凍結の影響で視力が回復していないソロにボバ・フェットの居場所を教え、ソロの闇雲な攻撃は偶然にもフェットのジェットパックを破壊した。ジャバのセール・バージケタンナ>にぶつかった後、フェットはサルラックの待ち受ける大穴に落下した。その後、チューバッカとソロは穴に落ちかけていたカルリジアンを救い出した。一方、セール・バージの中では、レイア・オーガナが鎖を使ってジャバを絞殺した。スカイウォーカーとオーガナはセール・バージを破壊し、チューバッカたちと合流した後、ドロイドも回収して戦場となった砂漠を後にした。[3]

ソロの救出に成功した後、ダゴバに向かうスカイウォーカーとR2-D2を除き、一行は惑星サラスト付近で反乱軍艦隊と合流した。この時、反乱軍は第2デス・スターを攻撃するために準備を進めていた。[3]

エンドアの戦い

将軍に任命されたハン・ソロは、第2デス・スターを守るシールド発生装置を破壊する任務を任せられた。エンドアの戦いに向けたミーティング中、チューバッカはソロの攻撃チームのメンバーに志願し、オーガナや、ダゴバから戻ったばかりのスカイウォーカー、C-3POとR2-D2もそこに加わった。チューバッカたちは、シールド発生装置が設置されている森の月エンドアに向かうため、帝国から盗んだラムダ級T-4aシャトルタイディリアム>に乗り込んだ。デス・スターを防衛するスーパー・スター・デストロイヤーエグゼクター>に乗り込んでいたダース・ヴェイダーは、シャトルにスカイウォーカーが乗っていることに気付き、わざと彼らの通過を許可した。[3]

Wicket and Rebels.png

イウォークと共にシールド発生装置へ向かうチューバッカたち

チューバッカの操縦するシャトルはエンドアに着陸し、攻撃チームのメンバーは森の中を進んだ。途中、彼らは帝国軍のスカウト・トルーパーに発見された。偵察兵2名はすぐに始末できたが、残りのスカウト達は敵襲を知らせるために基地に逃亡した。スカイウォーカーとオーガナの活躍で何とか彼らも倒すことができ、反乱軍はシールド施設を目指した。その後、チューバッカは森の中で死んだ動物を発見したが、原住民イウォークたちの罠に引っかかってしまい、身動きが取れなくなった。チューバッカやソロ、スカイウォーカーは生け捕りにされ、ブライト・ツリー村に運ばれたが、光沢のボディを持つC-3POは、イウォークから神のような存在として崇められた。スカイウォーカーは彼らの誤解を巧みに利用し、テレキネシスでC-3POを浮かせるなどして、イウォークたちの説得に成功した。その夜、C-3POは帝国との戦いの経緯を原住民に説明した。イウォークのチャーパ酋長は反乱軍への協力を決意し、彼らを部族に迎え入れた。[3]

翌朝、反乱軍の攻撃チームはイウォークの助けを借りて目的地に向かい、ウィケット・W・ウォリックから教わった施設の裏の秘密のドアに到着した。しかし、エンドアの戦いは皇帝シーヴ・パルパティーンによって仕組まれた罠だったため、反乱軍の最初の攻撃は失敗に終わった。しかし、帝国軍はイウォークからの思いがけない襲撃に悩まされた。チューバッカはイウォークと協力してAT-STウォーカーを乗っ取り、ソロとオーガナが施設の入り口を開ける手助けをした。その後、彼らは施設の爆破に成功する。[3]

DancesWithEwoks-ROTJ.jpg

勝利を喜ぶチューバッカたち

シールドが消滅すると、エンドアの上空で帝国軍艦隊と戦っていたギアル・アクバー提督は、スターファイター部隊にデス・スターへの直接攻撃を命じた。カルリジアンやナイン・ナンの操縦する<ミレニアム・ファルコン>と、ウェッジ・アンティリーズXウイングがステーションの内部に飛び込み、中央反応炉の破壊に成功した。デス・スターの中でヴェイダーや皇帝と戦っていたスカイウォーカーも、無事に脱出に成功した。地上攻撃部隊のメンバーと共に上空に浮かぶデス・スターの爆発を目撃したチューバッカは、喜びの咆哮を上げた。[3]

その後、ブライト・ツリー村では勝利を祝う宴が開かれた。チューバッカも宴に加わり、イウォークたちと一緒に勝利を喜んだ。[3] 祝いの席の最中、カルリジアンは戦闘中に<ミレニアム・ファルコン>のセンサー・ディッシュを失ってしまったことをソロやチューバッカに打ち明けた。また、夫のケス・ダメロンを探していたシャラ・ベイは、彼らにパスファインダー部隊の居場所を尋ねた。

翌朝、チューバッカはエンドアの反対側にある帝国軍の基地を襲撃するミッションに参加した。反乱軍は速やかに帝国軍の残存勢力を制圧したが、作戦中に見つかったコンピューターの中から、この戦争がまだ終わっていないことを示す文章が発見された。

個性と特徴

強靭な肉体と勇敢さ、忠誠心の3つを併せ持つチューバッカは、ハン・ソロの密輸業に欠かせないパートナーとなり、事実その性格ゆえソロ本人よりもチューバッカを信頼する人間のほうが多かった。また、彼は頑固さと負けん気の強さでも知られていた。

ウーキーとして元来持つ情熱や反骨精神はチューバッカを反乱軍の活動へと狩り立てたが、一方で恩義のあるソロや<ファルコン>への忠誠も忘れなかった。チューバッカの戦士としての姿の裏に、温かい心が隠されていることを知る人は少なかった。彼は目的達成のために暴力を使うことをいとわなかったが、正当な理由なく人を殺すことは無かった。

技術と能力

ウーキー特有の強靭な戦闘力に加え、長年の操縦経験から身につけてきた宇宙船パイロットとしての確かな腕前やエンジニアとしての技術は、チューバッカ特有の賜物だった。また彼の類まれなる技師としての才は単に修理の技術にとどまらず、一目見ただけで多くの機械の内部構造を把握し、たとえドロイドのような複雑なマシーンでも残骸からパーツを持ち寄って修理したり、新しいものを作ったりすることが可能だった。

他のウーキーと同じように、チューバッカもお手製のボウキャスターを相棒として使っていた。ボウキャスターはウーキーの手作りの武器で、チューバッカは設計や製造などの技術にも精通しており、何度か新しい武器を作っていた。彼が作った最新のボウキャスターは銀河大戦中に作成したもので、ストームトルーパーの銃器からフレームとパワーパックを流用して作ったため、普通のボウキャスターとは異なったデザインになっていた。

登場作品

参考資料

脚注

他の言語

Fandomでも見てみる

おまかせWikia