FANDOM


チャンバリンChamberlyn)はナブーの侵略トレード・フェデレーションと戦ったナブー王室保安軍中尉であり、人間男性。チャンバリンは侵略軍に対抗したレジスタンス組織のリーダーであり、バトル・ドロイドの弱点の分析及び発見に貢献した。その後、チャンバリンはパドメ・アミダラ女王に同行し、ナブー奪回のためにシード宮殿を攻撃し、トレード・フェデレーション・ヴァイスロイヌート・ガンレイ逮捕を手助けした。

経歴

人間男性であるチャンバリンは、志願兵から成る惑星ナブーナブー王室保安軍に仕えており、32 BBYまでには中尉に昇格していた。32 BBY、ナブーはトレード・フェデレーションドロイド軍団によって侵略され、パドメ・アミダラ女王は止むを得ずナブーを脱出し、銀河系首都惑星コルサントに向かった。女王が去った後、チャンバリンはナブーで侵略軍に対抗するレジスタンス・セルのリーダーになった。アミダラ女王がナブーを奪回するため故郷に戻って来た時、王室保安軍のリーダー、キャプテンクァーシュ・パナカ首都シード攻撃のため全てのレジスタンス戦士を集結させた。彼らはフェデレーションのヴァイスロイヌート・ガンレイを捕まえて、占領された惑星を解放するつもりだった。チャンバリンはアミダラのシード宮殿攻撃に参加する。

チャンバリンと他の王室保安軍のメンバーたちは、アミダラとパナカに率いられ宮殿に入り込み、バトル・ドロイドの分遣隊と戦った。パナカはドロイドを迂回するために近くの窓をブラスターで破壊した。アミダラとチャンバリン、数名の王室保安軍隊員は窓の外に出て外壁の窓枠に立ち、アセンション・ガンを使って壁沿いに上階へと移動した。しかし廊下を移動中、彼らは複数のバトル・ドロイドによって取り囲まれてしまい、アミダラは降伏して武器を床に置くよう命令した。チャンバリンと一行は宮殿の謁見の間へと連れて行かれ、ヌート・ガンレイはアミダラにフェデレーションの侵略を合法化する協定に調印するよう迫った。しかしそのとき、アミダラ女王に扮した侍女サーベが謁見の間の外の通路から保安隊員とともに姿を現した。サーベはガンレイの企みは終わりだと宣言し、バトル・ドロイドを攻撃して去っていった。サーベを本物の女王と勘違いしたガンレイは、周囲のバトル・ドロイドのほとんどを追撃のために派遣した。

アミダラはガンレイのすきを突き、王座に隠された秘密のコンパートメントを開き、2丁のブラスターを取り出した。彼女はパナカに片方を渡し、部屋に残っていたバトル・ドロイドを破壊する。チャンバリンとその場に居合わせた兵士たちは謁見の間の扉を閉め、倒れたドロイドのブラスターを奪い、ガンレイとルーン・ハーコ補佐官を捕まえることに成功した。同時期、フェデレーションのドロイド司令船ヴートゥン・パーラ>はフォース=センシティブの少年アナキン・スカイウォーカーによって破壊され、ナブーの全てのバトル・ドロイドは機能を停止した。

個性と特徴

レジスタンス・リーダーであるチャンバリンは、バトル・ドロイドの弱点を分析・発見したことで知られる。シード宮殿への攻撃の間、彼はS-5重ブラスター・ピストルを装備していた。

制作の舞台裏

チャンバリンはジョージ・ルーカス監督による1999年の映画、『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』に登場した。彼を演じた俳優はクレジットされていない。

登場作品

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki