FANDOM


チャルマン(Chalmun)はウーキー男性で、惑星タトゥイーンモス・アイズリー宇宙港にあるチャルマンのカンティーナのオーナーである。

経歴

ウーキーのチャルマンはもともと惑星オード・マンテルギャンブラーとして生計を立て、不運な旅行者をカモにして金を巻き上げていた。やがて彼は惑星タトゥイーンスパイス小屋を経営するラナットヴリチョン兄弟からモス・アイズリー宇宙港の建物を購入する。建物の地下に大量の体を埋めていたヴリチョン兄弟は、チャルマンが死体を見つける前に急いで姿を消した。その後チャルマンは手に入れた建物を使って“チャルマンのカンティーナ”を経営し始めた。0 BBY当時、チャルマンはバーテンダーとしてウーハーアクメナハスクルフを雇っていた。[1]

個性と特徴

チャルマンはベージュと灰の毛並みのウーキー種族で、モス・アイズリー・カンティーナの経営者だった。彼は店の中にプライベート・バーを持っており、ハットの仲間の旧友や引退したポッドレーサー・パイロットを個人的にもてなすことがあった。その間は彼の手下が監視室でカンティーナの様子に目を光らせた。[1]

参考資料

脚注