FANDOM


チス・アセンダンシー[1](Chiss Ascendancy)はチスによって統治された領域及びその国家である。外部のものからはチス・スペース(Chiss Space)、あるいはチス帝国(Chiss Empire)とも。惑星シーラが首都。銀河系の外縁、未知領域に位置した。

政府

Csilla NEGAS.jpg

国家の首都シーラ

チスルーリング・ファミリーと呼ばれる複数存在する有力な一族によって統治されていた。彼らは惑星シーラの首都クサプラーにある、ハウス・パレスという宮殿で政治を行う。それぞれのファミリーにはアリストクラと呼ばれるリーダーが存在し、アリストクラは一族を示す色の服を着込み、ファミリーへの忠誠を示したのである。

標準的で日常的な会議の結論は、28ある植民地それぞれから民主的に選出された議会によって生み出された。問題が提唱されれば、それは議会を通して指定された総督の内閣へと送られ、その後ルーリング・ファミリーで会議が行われ、議会が決定を下すことにより、内閣の行動が承認あるいは否認されたのである。

ルーリング・ファミリーにはそれぞれ、管理する特定の政治的部門が存在し、それに責任を持っていた。サボセン家は社会的な司法システムや衛星、教育の供給といった問題を、インロキニ家は化学や通信、産業を、クサプラ家は植民惑星の情勢、そして資源の配布や農業の管理を、ニュルオド家は軍事的な役割や外交の仕事を担当したのである。クサプラ家のチスの植民地やシーラへの資源の分配の問題は、特に重要なものだった。

彼らはチスの集産主義的な社会的経済システムを握ることになっており、その重要性から、相対的にファミリーが他のものからの助言を受けるもっとも優位な立場にあった。ニュルオド家はクサプラに次ぐ評価を受けており、これはチス社会と戦争の重要性を考慮した上でのことだった。

登場作品

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『外宇宙航行計画』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki