FANDOM


チェ・アマンウェ・パパノイダ(Che Amanwe Papanoida)はクローン戦争の時代を生きた女性パントランである。彼女はパントラン議会書記長を務めるパパノイダ男爵の娘で、チー・エクウェイという姉妹と、アイオンという名の弟がいた。戦争中、チェ・アマンウェとチー・エクウェイは分離主義勢力の陰謀に巻き込まれて誘拐されたが、家族によって救出された。

経歴

CheAmanweBadass-SoI

ブラスターでグリードの仲間を倒すチェ・アマンウェ

21 BBY衛星パントラトレード・フェデレーションによって封鎖されたとき、パパノイダ男爵の一家は銀河共和国首都惑星コルサントを訪れ、パントラ代表のリヨ・チューチー元老院議員と対策を話し合った。その夜、コルサントのアパートメントに戻ったチェ・アマンウェとチー・エクウェイは、分離主義勢力に雇われた賞金稼ぎグリードによって誘拐された。その際、チェ・アマンウェは月の女神イコンを鈍器代わりに使って抵抗した。チェ・アマンウェはグリードの根城である惑星タトゥイーンへ連れて行かれ、モス・アイズリーカンティーナに監禁された。[2]

月の女神のイコンに付着していた血液を発見したパパノイダ男爵とアイオンは、グリードを追ってタトゥイーンを訪れ、犯罪王ジャバ・ザ・ハットの前でグリードの罪を自白させた。グリードはやむを得ず誘拐事件への関与を認め、パパノイダたちをカンティーナへ案内する。グリードの仲間たちはチェ・アマンウェを解放したが、グリードがパパノイダ親子に脅されて言いなりになっていることに気づくと、すぐにブラスターを抜いて抵抗を始めた。グリードはカンティーナから逃げ出したが、パパノイダ男爵とアイオンはほとんどの悪党を撃ち殺し、チェ・アマンウェは敵が落としたブラスターを拾い上げ、カウンターの中に隠れていた最後の1人を倒した。その後、パントラ上空のドロイド司令船に囚われていたチー・エクウェイも救出され、パントラの封鎖は解除された。[2]

制作の舞台裏

チェ・アマンウェ・パパノイダの外見はジョージ・ルーカスの娘、アマンダ・ルーカスがベースになっている。

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。