FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 

チェニニ[1](Chenini)はタトゥイーン衛星である。

概要

惑星タトゥイーンの衛星チェニニは、ほかの2つの衛星ゴームラッセングエーメッサとは異なり、周回軌道が楕円型だった。タトゥイーンから最も離れたときの距離は640万キロメートルであり、惑星からその姿を見られる時期は少なかった。チェニニは天文学の調査で見落とされることもあり、しばしば間違って記録された。

チェニニが夜空に出現する時期と姿を消す時期は、タトゥイーンの原住種族タスケン・レイダーの多くの儀式と関係が深かった。同じく原住種族のジャワも、チェニニを利用して、嵐の季節の直前の会合の時期を決めていた。[2]

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki