FANDOM


ダース・ヴェイダー 光と影』(原題:The Rise and Fall of Darth Vader)はライダー・ウィンダムによる、アナキン・スカイウォーカーの人生を描くヤングアダルト小説である。翻訳者は富永晶子2008年2月26日に、エフエックスから発売された。その後、ウィンダムによる『オビ=ワン・ケノービの伝説』、『ルーク・スカイウォーカー伝』という似たスタイルの小説も邦訳されている。

時代は『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』の直後に設定されているが、それ以前の物語もアナキン・スカイウォーカーの回想という形で描かれている。『スター・ウォーズ』映画6作に加え、未邦訳コミックを含むさまざまな作品の内容がまとめられている。

原書

原書『The Rise and Fall of Darth Vader』の発売日は2007年10月1日

発売までの経緯

2007年9月13日、編集者高貴準三のブログでライダー・ウィンダムによる小説、『The Rise and Fall of Darth Vader』が邦訳される予定であることが明かされた。その後、同ブログでは帯に使う文句やカバーアート決定までの経緯の公開、邦題案の募集などが行われた。

邦題

『ダース・ヴェイダー 光と影』という題名は、編集者のブログで行われた投票を参考に決定された(邦題が決定されるまで、高貴氏のブログでは「Vader小説」という呼び方がなされていた)。投票の際に提示された別の題名案は、「ダース・ヴェイダー全史」、「ダース・ヴェイダー・クロニクル」、「ダース・ヴェイダー(の)伝説」、「ダース・ヴェイダーの光と影」、「ダース・ヴェイダー選ばれし者の生涯」。『ダース・ヴェイダー・クロニクル』はのちに別のリファレンス・ブックのタイトルに使用されている。2008年1月26日付の同氏のブログで、タイトルの決定が発表された。

カバーアート

原書のものをそのまま日本語版でも採用している。ドゥルー・ストゥルーザンの絵の使用が決定される以前には、カバーに写真を使う案も模索されていたことが、高貴氏のブログで明かされている。ストゥルーザンの絵の二次使用料について、同ブログでは長野剛に描き下ろしてもらうよりは安い、と説明されている。

誤植と誤表記

登場人物・用語

登場人物 クリーチャー ドロイド 出来事 場所
組織 種族 乗物 テクノロジー その他

カバー・ギャラリー

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki