FANDOM


「たかが1機のファイターに何を手間取っている!」
―コマンダー・ジュン・サトー[出典]

ダース・ヴェイダーのTIEアドバンスト(Darth Vader's TIE Advanced)は帝国時代シスの暗黒卿ダース・ヴェイダーが使用したTIEアドバンストx1スターファイターである。TIEアドバンストx1ラインの初期プロトタイプの改造型で、ロザル包囲戦ヤヴィンの戦いに参加した。

特徴

シス卿ダース・ヴェイダーTIEアドバンストx1サイナー・フリート・システムズ社が製造したTIEライン・アドバンスト・シリーズの初期プロトタイプを改造したスターファイターだった。銀河帝国時代シスの暗黒卿はこのスターファイターに乗ってロザルの反乱銀河内戦の戦いに参加した。

TIE/ln宇宙特化型スターファイターやその他のTIE戦闘機とは異なり、TIEアドバンストx1は偏向シールド発生装置や生命維持装置、ハイパードライブを搭載していた。武器は2門の固定式レーザー砲で、クラスター・ミサイルを発射することもできた。戦闘機の内装はヴェイダーの要求を満たすスペックにカスタマイズされ、ヴェイダーの装甲服の独自の機能にマッチするものとなっていた。

歴史

フェニックス艦隊との戦い

ヤヴィンの戦いの4前、ダース・ヴェイダーはロザル包囲戦でTIEアドバンストに乗り込んだ。彼はアウター・リム・テリトリー惑星ロザルから逃げ出した反乱者たちセンチネル級着陸船に追跡装置を仕掛け、反乱軍フェニックス艦隊の合流地点を特定した。ヴェイダーはたった1機で艦隊に攻撃を仕掛け、コマンダージュン・サトーフェニックス中隊Aウイング・インターセプターを出撃させて応戦した。ヴェイダーのTIEは複数のAウイングを撃墜し、反乱者のVCX-100軽貨物船ゴースト>の攻撃をかわしながらペルタ級フリゲートの司令船<フェニックス・ホーム>に致命的なダメージを与えた。ヴェイダーはかつてジェダイだった頃の弟子アソーカ・タノが<ゴースト>に乗り込んでいることに気付いたが、あと一歩のところで逃げられてしまった。

ヤヴィンの戦い

ヤヴィンの戦いで、ヴェイダーはデス・スターバトル・ステーション共和国再建のための同盟のスターファイター中隊から防衛するためTIEアドバンストに乗り込み、ブラック中隊を率いて出撃した。デス・スターのターボレーザー砲だけでは、小型戦闘機の直接攻撃には対処しきれなかったのである。ヴェイダーは多くの反乱軍パイロットを撃墜し、超兵器の弱点である排熱孔を目指して子午線トレンチを飛行していたレッド中隊ガーヴェン・ドレイス隊長を倒した。その後、ヴェイダーと僚機はルーク・スカイウォーカーウェッジ・アンティリーズビッグズ・ダークライターらのXウイングを追撃し、ダークライター機を撃墜、アンティリーズ機を戦線離脱に追い込んだ。しかしヴェイダーのTIEが最後のXウイングを照準に捉えた直後、反乱軍の救援に駆け付けたハン・ソロ船長YT-1300軽貨物船ミレニアム・ファルコン>が攻撃を阻んだ。ヴェイダーのTIEは制御を失ってトレンチから離れ、スカイウォーカーはその隙にステーションの弱点に向けてプロトン魚雷を放った。デス・スターは中央反応炉の爆発で粉々になり、ヤヴィンの戦いは帝国の敗北に終わった。

登場エピソード

参考資料