FANDOM


ダース・ヴェイダーのライトセーバー(Darth Vader's lightsaber)はシスの暗黒卿ダース・ヴェイダーが所有したライトセーバーである。オビ=ワン・ケノービとの対決ジェダイだった頃のライトセーバーを失った後、ヴェイダーは赤いブレードを放出する新しい武器を制作した。

特徴

シス卿ダース・ヴェイダーライトセーバーは、彼がジェダイ・ナイトだった頃のライトセーバーと似ていたが、より暗いの合金を素材にしていた。円筒形のグリップの中にはシス・マスターダース・シディアスから与えられた赤いカイバー・クリスタルが内蔵されていた。柄の下部は黒いうね状ハンドグリップになっており、中央部に黒いパワー・セル・チェンバー、放出部に傾斜型エミッター・シュラウド(覆い)があった。中央部の少し上にある赤い装置はブレードのパワーと長さを調節するためのスイッチだった。そのほかに、複相フォーカス・クリスタルや高出力ダイアチウム・パワー・セル等の部品が使われていた。[1]

歴史

ダース・ヴェイダーはシスの暗黒卿ダース・シディアスの弟子になった後もしばらくの間ジェダイのライトセーバーを使い続けたが、惑星ムスタファージェダイ・マスターオビ=ワン・ケノービに敗れた際にこの武器を失った。[3] 黒い装甲服に身を包んだサイボーグとして復活したヴェイダーは、シディアスから与えられた赤いカイバー・クリスタルで新しいライトセーバーを作成する。彼は主にジェダイとの戦いライトセーバーを使い、その他の敵とはフォースで戦った。[1]

ヴェイダーはこの武器を使ってケイナン・ジャラスエズラ・ブリッジャー[4]アソーカ・タノ[5]、オビ=ワン・ケノービ[2]モリトアイオリン・アスタルテ兄妹[6] といった多くの敵とライトセーバー・デュエルを繰り広げた。エンドアの戦いで実の息子ルーク・スカイウォーカーと戦った際、ヴェイダーのライトセーバーは第2デス・スターのシャフトの底へ落下していった。[1][7]

登場作品

参考資料

脚注