FANDOM


ダース・タロン[1](Darth Talon)は女性のリーサントワイレックで、137 ABYごろのダース・クレイトワン・シスに属していたシス・レディ。タロンはシスタトゥーをその体や頭、そしてレックに掘り込んでいた。こうした刺青は儀式的な戦闘の中、あるいはダース・クレイト自身によって入れられたものだった。シス・アプレンティスとして、彼女は自分と同じくトワイレックのシス卿であるダース・ラインによって訓練された。タロンは一人前のシス卿の位へと上り詰めるすぐ前の段階で、クレイトからこのマスターを殺すように指示を受ける。彼女は命令を聞くとすぐにライトセーバーを使ってラインの首を落としたのだった。

ダース・タロンはその堅固な忠誠心を認められ、クレイトの意思を拡げるため、彼のふたりの“手”のうちのひとりに選ばれた。この立場において、タロンはもうひとりのハンドであるダース・ニルとともに役目を果たしていった。タロンは彼女のマスターの最も重要な任務、例えばケイド・スカイウォーカーの捕獲といった任務において、しばしば共に仕事を課されている。タロンは短い間、捕らえられたスカイウォーカーのシス・マスターとして彼を教えていた。だが、彼はすぐにシスの道を捨て、タロンを傷つけて去っていってしまった。タロンはスカイウォーカーの攻撃を生き残ったが、クレイトの目に映る彼女の立場が激しく揺らいでしまった。

経歴

Editicon このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki