FANDOM


ダース・クレイトの銀河帝国(Darth Krayt's Galactic Empire)は新銀河帝国(New Galactic Empire)、第2銀河帝国(Second Galactic Empire)、シス帝国(Sith Empire)、ニュー・オーダー、あるいは単に帝国とも呼ばれていた、シスの暗黒卿ダース・クレイトフェル帝国皇帝ローン・フェルに対してクーデーターを起こし、130 ABYに創設した政府である。

歴史

シス=帝国戦争

Blue Glass Arrow 詳細はシス=帝国戦争を参照
KraytWyyrlok Badass

ダース・クレイトとその摂政

ある時点で、ワン・シスユージャン・ヴォングのテラフォーミング技術を使用した惑星再建運動の妨害を行い、ある惑星の住民を犠牲にした。これにより銀河連合自由同盟は、クローン戦争における分離主義運動に似た脱退運動に直面することになる。フェル帝国はこの状況を利用し、銀河同盟の加盟惑星を同盟から離脱させ、インペリアル・スペースに加わるようそそのかした。しかし帝国は、さらに首都コルサントを含む銀河同盟の惑星全てを手に入れることを望んでいた。

やがて、モフ評議会は皇帝ローン・フェルの意思に反してアナクセス協定を発動し、127 ABYシス=帝国戦争が勃発する。このとき、ワン・シスはフェル帝国の仲間になった。この戦争は銀河同盟の終焉と、帝国の主要銀河規模政府としての再建という結果に終わった。銀河同盟の領域と官僚は帝国に吸収されたが、銀河同盟コア艦隊は降伏を拒否して、復活した帝国との戦いを続けた。銀河同盟の終焉の直後、皇帝はニュー・ジェダイ・オーダー全体に呼びかけ、降伏して帝国の意思に従うように要求した。ジェダイの何人かはこれに従いインペリアル・ナイトとなったが、そのほかのものはフォースの意思に従いオッサスへと退いていった。

シスのクーデーター

Blue Glass Arrow 詳細はフェル皇帝への攻撃を参照
LegacyImps

130 ABY、シスのクーデターを見守るモフ評議会のメンバー

銀河同盟敗北とオッサスの大虐殺のあと、ダース・クレイト指揮下にあるシスたちは、皇帝ローン・フェルを裏切った。クレイトは大胆なクーデターを開始し、仲間を引き連れ自ら皇帝の謁見室へと歩み入り、皇帝の玉座に座っていた男性を殺害し、代わりにこの席に座った。その場に居合わせたモフ評議会のメンバーたちの間から発生する混乱や暴動に注意し、クレイトは彼らに生き方の現実を語った。

ほとんど選択の余地はなく、モフ評議会はクレイトへの忠誠を誓った。ダース・カイダス以来の90年間ではじめて、シス卿が銀河系の支配権を手にすることになったのである。クレイトはすぐに、非常に必要とされていた銀河への命令を出したが、彼の勝利は不完全だった。クレイトが殺害した「皇帝」は影武者だったのである。フェルはよく訓練されたインペリアル・ナイトであり、その場で殺害されるよりも、確実に身を守るほうを選んでいたのだ。本物のフェルを発見することは、モフたちや軍隊、あるいはオッサスにおける虐殺を生き延びたジェダイを仲間に引き入れるよりも前に行わなければならない、不可避の事項だった。

内戦

Blue Glass Arrow 詳細は第二次帝国内戦を参照

帝国全土がダース・クレイトの権威を認めたというわけではなかった。フェルに忠実な軍隊は数年にわたって惑星バスティオンに集結し、彼らの本当の皇帝の復帰を待っていた。クレイトが高度に要塞化されたバスティオンへの正面攻撃に慎重であることを知っていたフェルは、137 ABYにインペリアル・ナイトのリーダー、アンタレス・ドレイコ第501軍団の指揮官であるオロン・ジェイガー将軍を従え、この惑星の支配を行った。

クレイトとフェルの派閥がより大きくなっていったため、かつてそれぞれに仕えていた部隊は、銀河系の領域の支配権を巡って、もう一方と戦わなければならない状況になった。惑星ボラスクにおける第407第908ストームトルーパー師団の戦いがその適例である。

Moff High Council meeting chambers

クレイトのシス卿たちの影響下に置かれ、ダース・マラディの指示を受けるモフ評議会

クレイトの帝国はまた、ガー・スタージ銀河同盟残存勢力とも戦わなければならなかった。この銀河同盟の提督は帝国の悩みの種になっていた。レムナントとフェルが同盟が結ぶ可能性はしばらくのあいだは阻止されていたが、レムナントはモン・カラマリのドライドックから新しいインペリアス級スター・デストロイヤーインペリアス>を盗み出すことに成功した。この出来事はクレイトを激怒させ、モン・カラマリの人口の十分の一を滅ぼすように命令した。彼自身、モン・カラマリ評議会の処刑を個人的に監督した。だが、<インペリアス>に取り付けられていた爆弾を無効化するときにインペリアル・ナイトの助けを受けたスタージは、もう一度同盟を結ぶ気があるというメッセージをフェルに送った。こうして、シスと帝国に盾突くことができる恐るべき軍隊誕生の可能性ができたのである。

そのころ、シス帝国のすべての軍隊は、銀河中がオッサスで死んだと考えていた最後のスカイウォーカー捜索を行っていた。シスによってスカイウォーカーが捕らえられたとき捜索は一度終わったが、彼がシスの支配を逃れたあと再開することになる。

ほぼ1年間は銀河系規模の衝突が続き、ダース・クレイトはハド・アバドンで古代のシスの霊カーネス・ムーアとともに女性のジェダイと戦った後に命を落とした。そして帝国とワン・シスは、それぞれ皇帝と暗黒卿を一時的に失うことになった。しかし、クレイトの副司令官だったダース・ウィーロックがワン・シス・オーダーと帝国の支配権を我が物にした。狡猾な政治家だったウィーロックは、モフと大部分の軍指揮官が彼のシスとしての位に確証を持てず、指揮権を横領しただけに過ぎないのではと考えていることに気づいた。ウィーロックはモーリッシュ・ヴィード大提督を帝国の摂政に任命し、ひそかにヴィードに応答する一方で、公用はすべて彼に任せた。

それからウィーロックは銀河系の全員ウィワン・シスとして平均的に徴用できるよう、伝道師たちにシスの教えとシスの規範を各地に伝えさせるため、モフのコンラッド・ラスに命じ、帝国伝道団に大規模な改革を開始させた。そして戦争なき勝利計画は破棄された。

摂政になっていくらか経ったあと、ヴィードはローン・フェルが惑星アガマーでジェダイと密会しようとしているという知らせを受け取り、密会に対する攻撃サンダーストローク作戦を組織した。モフのラルフ・イェイジフェーラウライテルロロによって率いられた第1帝国攻撃部隊はフェルの代表団を攻撃した。ニーナ・カリクストが何とか代表団に警告することができたため、フェルはかろうじて攻撃から逃れることが出来た。だが、シスの帝国艦隊はプリンセス・マラーシア・フェルを捕らえることに成功した。

同時に、ウィーロックは帝国に好ましくないいかなる人物をも滅ぼすことが出来るファイナル・プロトコルの指令を出した。シスの科学者ヴァル・アイゼンは、ダックダ・スーチャといった惑星に自由に毒物を使用することが許された。

ダース・クレイト復活

DeathofWyyrlok

復活したクレイトに殺害される3代目ダース・ウィーロック

しかしダース・ウィーロックは、自分のリーダーシップのもとに銀河帝国を強化しようという計画を成し遂げる前に、予想外の敵、ダース・クレイトによって阻まれることになった。復活し装甲服による拘束から解き放たれたこの暗黒卿は、強奪者からワン・シスと銀河帝国を取り戻すため、ほとんど時間を浪費することなくコルサントに戻ってきた。その不在期間の中で、ダース・クレイトは新しいシス・トルーパーの種族を生み出した秘密の計画を完了させていた。これは、暗黒卿に対する絶対の忠誠を持つ、高度に改良され、プログラムされたフォース=センシティブの兵士だった。ウィーロックはかつての支配者がシス・テンプル到着しても自分の立場を守った。このシャグリアンのシス卿はクレイトと決闘し、最後は命を落とした。再びワン・シスと帝国を統治下に置いたダース・クレイトは、かつての銀河同盟の残党、フェル支持者、そしてジェダイ・オーダーとの戦争の指揮を執った。

ダース・クレイトの復活はモフ会議の衰退と同時期だった。グランドモフ・モーリッシュ・ヴィードは、暗黒卿へ二度目の忠誠を無理やり誓わされた後、摂政という肩書きを捨てることを強制された。モフのニーナ・カリクストはローン・フェルの側へと離脱した。モフ・ゲイストは、クレイトのシス・トルーパーによって誘発されたジェダイの隠されたテンプルへの攻撃の中で、命を落とした。隠されたテンプルへの攻撃の間、が戦争犯罪に嫌気が差し離脱してしまったラルフ・イェイジは、自らもフェル支持者に加わった。

帝国の没落

FinalDeathofDarthKrayt-LW6

ケイド・スカイウォーカーに殺害されるクレイト

ダース・クレイトの復活と、彼の強力なシス・トルーパーの創設は、帝国に逆らっていた人々を恐怖の淵へと追いやった。暗黒卿やワン・シス、そして彼らの帝国を一度に滅ぼしてしまうために、コルサントそのものへの奇襲攻撃において、ローン・フェルは銀河同盟残存勢力とジェダイ・オーダーを、フェル支持者に加わるよう説得した。手を結んだ軍隊がシスや帝国軍と宇宙空間で戦っているあいだ、シス・テンプルに潜入してダース・クレイトを倒すため、ケイド・スカイウォーカーは惑星の上で攻撃チームを率いていた。

シスの暗黒卿との最後の決闘の中、アナキン・スカイウォーカーの血筋の唯一知られている末裔であるケイド・スカイウォーカーは、ジェダイとしての自分の遺産を再度受け入れ、フォースのダークサイドに屈することなく、ダース・クレイトを殺害した。しかし、かつてダース・クレイトは一度免れることに成功していたため、スカイウォーカーはこの暗黒卿の体を母親のシャトルに乗せ、コルサントの太陽へと運んでいった。クレイトの死によって、帝国は自身を支えることが出来なくなり、結果的に崩壊した。ワン・シスの生き残りはダース・ニルの指揮下に入り、隠れるために逃げ去っていった。クレイトも死んだが、ローン・フェルも同様に最後の戦いで命を落としており、銀河系からは両方の皇帝が失われた。勝者たちは銀河系を統合するため、銀河連合三頭政治として知られる新しい政府を形成する。最初の三頭政治のメンバーは、ガー・スタージ提督ジェダイ・マスターカクルークマラーシア・フェル女帝だった。

政府と政治

Moff Council

摂政モーリッシュ・ヴィードモフ評議会

この帝国は銀河皇帝の称号を手にするシスの暗黒卿によって統治されていたが、モフ評議会もかなりの権限を有しており、おそらく皇帝のアドバイザーとなっていた。どの意見をとっても、ローン・フェルの統治のほうが比較的慈悲深いものとされており、フェルは自分の権限を守るために権力獲得競争を行わなかったにも関わらず、パルパティーン支配下の旧帝国よりもはるかに権力乱用は少なく、過剰な専制政治もなかった。しかしクレイトの体制では、かつてのフェルの帝国に厳しい独裁や大量虐殺を復活させてしまった。

モフたちは帝国軍帝国情報部のふたつのほかにも、帝国伝道団帝国外交団といった帝国の機関なども管理していた。しかしシスが権力を持つと、モフや提督やそのほかの権威者たちはシス・オーダーに従い、クレイトのシス卿の要求に応えなければならなかった。このため、評議会は自分たちの権力と影響力を維持するために、クレイトの幾つかの試みをひそかに妨害しようとしていた。

帝国はまた、皇帝クレイトの計画を銀河系で進めるために、宣伝やメディアを利用していた。モン・カラマリ評議会大虐殺と、ダース・クレイトによるモン・カラマリの根絶と強制収容の命令は、銀河中に放送されていた。ニュースソースも、体制の敵対者について不定的な言及をしていた。ガー・スタージ海賊と呼ばれ、一方でケイド・スカイウォーカーはテロリストのレッテルを貼られていた。

地理

NewEmpire

新銀河帝国のマップ

シス=帝国戦争の結果、銀河同盟の多くの領域、かつての同盟の拠点だった惑星モン・カラマリまでもが、帝国へと吸収されていった。星系はシス帝国のための軍艦製造施設になった。おそらく、帝国はおよそ1300万の加盟惑星と、少なくとも4900万の植民地を持ち、ディープ・コアからワイルド・スペースまでの銀河系全体に広がっていた。

帝国の首都はコルサントであり、皇帝クレイトの玉座と彼のシスのテンプルが存在した。これは、ニュー・ジェダイ・テンプルの廃墟の上に立てられていた。フェルの銀河帝国とは違い、惑星の公式名称はコルサントのままだった。

登場作品

  • Star Wars: Legacy: Broken (初登場)
  • Star Wars: Legacy 4: Noob
  • Star Wars: Legacy: Trust Issues
  • Star Wars: Legacy 13: Ready to Die
  • Star Wars: Legacy: Claws of the Dragon
  • Star Wars: Legacy: Indomitable
  • Star Wars: Legacy 22: The Wrath of the Dragon
OneSith

ダース・クレイトとワン・シスの主要なシス卿

  • Star Wars: Legacy 27: Into the Core
  • Star Wars: Legacy: Vector
  • Star Wars: Legacy: Fight Another Day
  • Star Wars: Legacy: Storms
  • Star Wars: Legacy 36: Renegade
  • Star Wars: Legacy: Tatooine
  • Star Wars: Legacy 42: Divided Loyalties
  • Star Wars: Legacy 43: Monster, Part 1
  • Star Wars: Legacy 44: Monster, Part 2
Star Wars: Legacy 48: Extremes, Part 1
  • Star Wars: Legacy—War

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。