FANDOM


ジェイセン・ソロ(Jacen Solo)はハンレイア・オーガナ・ソロの息子で、ユージャン・ヴォング戦争銀河系の防衛と侵略者ユージャン・ヴォングの撃退に多大な貢献を果たしたジェダイ・ナイトである。ダース・ヴェイダーの孫に当たる彼は、家族や友人を裏切ってシスの暗黒卿に転向し、ダース・カイダス(Darth Caedus)となった。カイダスは銀河連合自由同盟を支配して独裁政治を行い、混沌とした銀河系に平和と秩序をもたらそうとした。シスの道に転向したカイダスは、いかなる犠牲を払ってでも銀河を守り通したいと願っていた。

9 ABY、有名な両親のもとに生まれたジェイセン・ソロは、幼い頃に何度も誘拐計画や陰謀の標的になった。22 ABY、13歳になったソロと彼の双子の姉であるジェイナは、おじのルーク・スカイウォーカーが開いたヤヴィン4ジェダイ・プラキシウムに加わり、フォースの教義を学んだ。ソロはそこで友人をつくり、特にヘイパン王女テネル・カー・ディヨに強く惹かれるようになる。訓練期間中、ソロと友人たちは新共和国を脅かす数多くの策略を挫き、24 ABYには弟のアナキンと共にマスター・スカイウォーカーに師事するようになった。暴力と戦うために暴力を使うことに思い悩んでいたソロは、ユージャン・ヴォング戦争の勃発によって激しい葛藤に直面することになった。彼は最前線を離れて戦うことを好んだが、義務感に迫られてマーカーヴォクシン・クイーン討伐任務に自ら志願した。アナキン・ソロはこの任務で命を落とし、ジェイセン・ソロはチームの指導者としてクイーンと戦うことになった。彼らはヴォクシンの脅威に終止符を打ったが、ソロはユージャン・ヴォングに捕まってしまった。

ソロは囚われの身のままほぼ1年を過ごし、侵略者から果てしない拷問を受けた。そんな中、彼はヴァーゲアという名の旧共和国の元ジェダイ・ナイトから教えを受けた。ソロは知らなかったがヴァーゲアの正体はシス卿だった。フォースのダークサイドの影響を受けた後、ソロはヴァーゲアとともにユージャン・ヴォングのもとを逃げ出し、再び戦争に加わった。ソロは最後の戦い最高大君主シムラ・ジャマーンシタデルを襲撃し、最高大君主を影から操っていたオニミを倒した。その際、ソロはフォースとの統合を経験する。

戦争終結後、ソロはフォースを使う様々な組織を訪ねまわり、5年間を修行に費やした。マインド・ウォーカーズを訪問中、彼は銀河を支配する闇の存在予見し、その実現を阻止しようと決心した。ダーク・ネスト危機のさなかにジェダイに復帰したソロは、より大きな善のためならば犠牲も受け入れるという以前よりも冷酷な哲学を信じるようになっていた。当時、彼とテネル・カーの間にはアラナという隠し子がいた。アラナを守り、銀河規模戦争の到来を阻止するため、ソロはキリックの根絶を企んだ。40 ABY、ソロは未来について熟考した末ルミヤシス・アプレンティスになることに同意した。1年かけてダークサイドに深く足を踏み入れたソロは、ジェダイや家族に背を向け始めた。銀河同盟の支配権を握った後、ソロはマラ・ジェイド・スカイウォーカーを殺害し、元弟子のベン・スカイウォーカーを拷問した。彼は数々の極悪行為を働き、タヒーリ・ヴェイラを公式なシス・アプレンティスにした。彼はシス・マスターのダース・カイダスとなったが、やがて双子の姉であるジェイナによって殺された。

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。