FANDOM


ダース・アザード(Darth Azard)はクオレン男性で、シスの暗黒卿ダース・クレイトと彼の帝国に仕えたワン・シスシス卿である。137 ABYの時点で、アザードは帝国アウター・リム第3艦隊の監督者に選ばれていた。この艦隊は、銀河同盟コア艦隊司令官ガー・スタージを捕まえる任務を任されていた。アザードは任務に失敗した艦隊の指揮官、ケル・ドアシャ・ダン提督を処刑し、代わりに人間ドルー・ヴァランを指揮官に据えた。

インペリアス級スター・デストロイヤーインペリアス>拿捕の際にガー・スタージの手助けをしたモン・カラマリたちに対処するため、ダース・クレイトはアザードを含むシス卿たちを引き連れて惑星ダックに赴き、復讐を実行した。アザードはモン・カラマリ評議会虐殺に参加し、そこで同胞のクオレンも多数殺害する。大虐殺の後、アザードは<インペリアス>の拿捕計画に関わったローグ中隊の隊員を追った。この隊員は、亡命帝国の皇帝ローン・フェルから与えられた任務を遂行するインペリアル・ナイトトレイス・シンドシゲル・デアに救出された。アザードはマスター・シンドと戦うが、この間にローグ中隊隊員とシゲル・デアは逃げ去ってしまった。

ローグ中隊を取り逃がす失敗を犯したものの、ダース・アザードはモン・カラマリの民の虐殺の監督者に選ばれた。シス科学者ヴァル・アイセンとともに、アザードはダックの深層からシー・リヴァイアサンを呼び覚ます。シス錬金術によって作り出された半知覚生物兵器のリヴァイアサンは、海底に適応した怪物だった。アザードとアイセンは、隠れていたモン・カラマリ難民の撲滅のため、リヴァイアサンを送り出した。トレイス・シンド率いるモン・カラマリ・レンジャーは、難民を守りシスに抵抗する。アザードとアイセンは、レンジャーの基地へと向かうリヴァイアサンを追い、戦いに臨んだ。しかしシスの水中用装甲トランスポートは破壊され、シンドの指揮の下、リヴァイアサンもデビルスクイッドの大群に敗北した。

その後、クレイトの代弁者であるダース・ウィーロックは、ダックの海洋を汚染し、住民全員を1間以内に虐殺する計画、ファイナル・プロトコルの実行命令を出し、アザードとアイセンは計画の執行者となった。ファイナル・プロトコルは惑星住民の大半にをもたらし、銀河同盟の救出作業で救われたのは住民のわずか20パーセントだった。その後、アザードとアイセンは第1シス帝国攻撃部隊を率い、惑星ダ・スーチャナプドゥへ向かう。この月では、ハットアジム・アンジリアク・アティルエがモン・カラマリの難民を匿っている疑いがあった。アザードはダックで使用したものと同じ毒素をダ・スーチャに散布するよう命じ、続いてナプドゥを爆撃した。ナプドゥで成功を収めた後、アザードとアイセンは惑星ウータパウへ赴き、銀河同盟を支援する住民たちを殺そうとした。しかし、ちょうどアイセンが惑星を汚染する毒素を完成させたとき、彼らはバウンティ・ハンターケイド・スカイウォーカーと、ジェダイ・マスターウルフ・サゼンから攻撃を受けた。アザードはサゼンと戦うが、クレイトが全シスに対して発したフォースの呼びかけが原因で隙が生じ、このジェダイ・マスターに殺された。

経歴

第3艦隊

Darth Azard

リレントレス>におけるダース・アザード

ダース・アザードとして知られたこのクオレンシス卿は、ワン・シスの一員であり、シス=帝国戦争終結の際にダース・クレイトローン・フェル皇帝の玉座から退けた後、クレイトとその銀河帝国に仕えた。第二次帝国内戦の時代、彼はアウター・リム第3艦隊の監督者に選ばれる。137 ABY帝国アウター・リム第3艦隊は、ばらばらだった銀河同盟軍を統合してできた銀河同盟残存勢力の撲滅に加え、逃亡中の銀河同盟コア艦隊司令官ガー・スタージ提督の捕獲任務を与えられた。皇帝ダース・クレイトはこの任務にケル・ドアシャ・ダン提督を任命していたが、ダンは小規模な勝利を収めることはできたが、ガー・スタージの攻撃を止めることに失敗した。アザードはペレオン級スター・デストロイヤーリレントレス>の司令デッキで、失敗したダン提督をフォース持ち上げて首を絞め、ダブル=ブレードライトセーバーを使って処刑した。そしてアザードは、人間至上主義ドルー・ヴァラン提督を新しい指揮官に据えた。ヴァランは7前、シス=帝国戦争における銀河帝国と銀河同盟の最後の大規模な戦闘、カーマスの戦いにおいて、既にスタージと対面したことがあった(カーマスの戦いで、スタージは他の同盟軍が降伏する中で撤退を指揮し、ヴァランは戦いから逃げたスタージを非難していた)。アザードはヴァランに、シャ・ダンのようにスタージを過小評価しないよう告げ、期待を裏切らないよう警告した。

ヴァラン提督は、スタージが惑星ダック造船所で建造中のインペリアス級スター・デストロイヤー、<インペリアス>を奪いに来る可能性を利用し、彼を罠にかけようと考えた。トイダリアン情報ブローカーニフラは、モニア・ガーン(かつての銀河同盟三頭政治のメンバー、ギアル・ガーンの姪)や、ローグ中隊の隊員を造船所で目撃したことをヴァランに報告し、スタージは罠にはまったように見えた。数後、スタージの艦隊は<インペリアス>を奪うため星系にジャンプし、ヴァランは罠を展開した。ヴァランは、自分の艦隊と造船所の罠にスタージが引っかかったと信じ込んでいたが、スタージはモン・カラマリの助けを借り、独自のを仕掛けることで、ヴァランの罠に対する準備を整えていた。戦いの結果は、銀河同盟による<インペリアス>拿捕、そして造船所破壊に終わる。ヴァランの艦隊は破られ、スタージはまたしても逃げ去った。ただしスタージは、ローン・フェル率いる亡命帝国インペリアル・ナイトが<インペリアス>に破壊工作を行っていたことには気づいていなかった。戦いに敗北した不名誉から、ヴァランは指揮権をホーグ大佐に譲り、ダース・アザードと対面するよりも、自分の部屋で自殺する道を選んだ。

モン・カラマリの大虐殺

MassacreonDac

モン・カラマリ評議会のクオレンのメンバーを殺害するアザード

モン・カラマリの戦いで帝国が敗北を喫した後、ダース・クレイトはガー・スタージを手助けしたモン・カラマリの背信行為に対し、処罰を下すことに決めた。皇帝はダース・アザードを含むシス卿たちと共にダックに赴き、復讐を実行する。モン・カラマリ評議会のメンバーたちと対面したクレイトは、捕まえたばかりのギアル・ガーンを引き連れ、モン・カラマリがスタージを援助した事実をつかんだと告げた。彼らの行為を罰するため、クレイトはモン・カラマリ評議会のメンバーを手始めに、惑星ダックのモン・カラマリ人口の10パーセントを粛清するよう命じた。ダック市民の残りは、強制収容キャンプへと移された。

ダース・アザードとシス卿たち、そしてクレイトのストームトルーパーは、クレイトから命令を与えられると即座に、その場にいたモン・カラマリ全員の処刑を開始した。モン・カラマリ評議会のクオレンのメンバーも、皇帝の意思に反対していた者や、疑問を持っていた者は多くが処刑された。クオレンのひとりは、ダース・アザードに命乞いをした。彼は自分たち同胞はモン・カラマリとは別の種族で、裏切り者をひいきしたこともなく、殺されるいわれはないと主張する。しかしダース・アザードは、自分はクオレンではなくシスであると答え、命乞いをしたクオレンをライトセーバーで切り殺した。大虐殺が進む中、ダース・クレイトは自らギアル・ガーンを殺害した。

評議会の大虐殺と、クレイトによる粛清の始まりを受け、モン・カラマリはレジスタンス運動を開始した。また、亡命帝国の皇帝ローン・フェルは、銀河同盟残存勢力との協力関係を築くため、スター・デストロイヤー<インペリアス>に爆弾を仕掛けたことをガー・スタージに警告するよう、インペリアル・ナイトのトレイス・シンドシゲル・デアに命令した。ローグ中隊パイロットのモニア・ガーンに接触したシンドとデアは、彼女からローグ隊員の仲間たちを救出するよう頼まれた。この隊員たちは、スタージが<インペリアス>を盗み出した際に罠の設置を手助けしたが、捕えられて捕虜になっていたのだった。ナイトたちは救出に成功し、ローグ中隊隊員を刑務所から逃がした。脱出の際、インペリアル・ナイトは宇宙船を守る帝国軍人の心を操作し、ダース・アザードが所有するシャトルを奪った。

ナイトとの対決

DuelOnDac

インペリアル・ナイトとの対決

ダース・アザードはフォースの乱れ感じ取り、自分のシャトルのところへと戻って行った。シャトルの外に立っていた帝国軍将校は、銀河同盟の囚人が、シス卿の命令に従って宇宙船に乗り込んでいったと報告した。この将校がインペリアル・ナイトのマインド=トリックにかけられている事に気づいたアザードは、彼を意志の弱い愚か者と嘲って切り殺し、シャトルを追跡した。

インペリアル・ナイトのトレイス・シンドは、仲間が脱出する時間を稼ぐため、シャトルの外に飛び出てシス卿と戦った。この対決の間、アザードはライトセーバーの片方のブレードしか使用しなかった。アザードは、敵がジェダイではなくインペリアル・ナイトであることに失望した。アザードは、インペリアル・ナイトでは自分に匹敵しないと考えていたのである。数人のストームトルーパーが戦いに介入し、シンドを撃ち殺そうとしたが、アザードは彼らを退け、シャトルを狙うように命令した。しかしシンドはストームトルーパー全員をフォースで押しのけ、アザードは彼の技術に感心した。決闘中、アザードは、自分を倒すことは出来ないとわかっているはずだ、とシンドに告げた。アザードは、シンドが仲間たちが逃げる時間を稼ぐために戦っていることに気付いていた。アザードは、シンドを殺した後でも、シャトルの仲間たちを殺す余裕は十分にあると語る。しかし、シンドの仲間がシャトルから放ったブラスター弾により、ふたりの対決は突然終わった。シンドは爆発に乗じて逃亡に成功し、アザードはフォースで爆発と落下から身を守らなければならなかった。アザードは、ローグ中隊隊員とインペリアル・ナイトを取り逃がしてしまったことに激怒する。

シー・リヴァイアサン

Invoke

シー・リヴァイアサンを呼び覚ますヴァル・アイセンとダース・アザード

ローグ中隊を取り逃がす失敗を犯したにも関わらず、ダース・アザードはモン・カラマリの民の撲滅作戦の監督を任されることになった。アザードを手助けし、撲滅を促進させるため、ギヴィンのシス科学者ヴァル・アイセンが派遣された。シス・マスターダース・ウィーロックは、シス錬金術により生み出される半知的生物兵器シー・リヴァイアサンの創造に必要な知識を、アイセンに与えていた。この怪物を海底での使用に適応させた後、アイセンとアザードはフォースを使用してソヘラス・トレンチの深層で眠りについていた怪物を呼び覚ます。リヴァイアサンは深層から上昇し、帝国駆除キャンプ28に捕らえられてたモン・カラマリを攻撃した。リヴァイアサンは彼らの生命エネルギーと知覚性を吸収し、空っぽの皮だけをあとに残していった。モン・カラマリの知覚を吸収したことで、リヴァイアサンもモン・カラマリのように思考するようになり、彼らが隠れている場所も見つけることが出来るようになった。アザードは、リヴァイアサンがモン・カラマリだけでなく、帝国側も攻撃するのではないかと心配したが、アイセンはそのような事態は起こり得ないと請け合った。アザードとアイセンは、難民を追跡するアクレイ級移動要塞、<シー・ライオン>を攻撃していたインペリアル・ナイトのトレイス・シンドや、彼が率いるモン・カラマリ・レンジャーを誘き寄せるため、リヴァイアサンをモン・カラマリ難民の撲滅に送り込んだ。アザードは、この作戦でレンジャーを一掃することが出来ると考えたのである。彼の作戦は、アイセンに感銘を与えた。

アザードとアイセンは水中用装甲トランスポートに乗ってリヴァイアサンの後を追い、間もなくクラカーナ水中ファイターに乗るモン・カラマリ・レンジャーたちと遭遇した。モン・カラマリは怪物を回避しようとしたが、シスのトランスポートはリヴァイアサンから逃げようとした1機に損傷を与えた。リヴァイアサンは、損傷を負ったファイターの操縦者の生命エネルギーを吸収するために前進する。しかしクラカーナの1機は何とかこの戦いを脱出し、その操縦者ションマイは味方のレンジャーの基地へと戻っていった。アイセンは、彼女が基地に戻り、シスによる攻撃を味方に警告することをあえて許した。帝国と戦うためにレンジャーが団結すれば、彼らを探す手間が省けるからである。人々の意思を挫くことを好むアイセンは、モン・カラマリ撲滅の成功は、喜ばしいことであると語った。アザードは、クレイト卿の指揮下には真のシスが求められると信じており、アイセンにもそう告げた。ダースの称号を持たないアイセンを軽視していたアザードは、この科学者に、疑問を差し挟みすぎだと告げた。

敗北

Azardcommand2

デビルズ・クレバスの戦いを見守るアザード

ふたりのシスは、シー・リヴァイアサンの後を追い続け、モン・カラマリ・レンジャーの基地を目指した。長い移動の中、アイセンは我慢できなくなり、本当に目的地に着くのかどうか頻繁にアザードに尋ねたが、この質問はシス卿を苛立たせた。ようやく基地に到着すると、クラカーナの群れが彼らを迎え撃った。モン・カラマリたちは、リヴァイアサンをかわしてシャトルを標的にするという計画を立てていた。彼らは、シャトルのシスを倒せばリヴァイアサンも止めることが出来ると考えたのである。スピード重視のクラカーナはミサイルやシールド装置を有していない上、彼らのプラズマ兵器ではシャトルのシールドを貫通することが不可能であるため、アイセンは敵の作戦は愚かだと考えた。

アザードはモン・カラマリを殺すよう乗組員に命令し、彼の乗るトランスポートの兵器は全方位に向けてブラスター砲火を開始した。しかしこの攻撃に挫けなかったレンジャーたちは、リヴァイアサンがカラマリの難民を追い続ける間も、トランスポートを標的にした攻撃を継続し、船体の装甲の隙間を探した。この戦いの流れは、インペリアル・ナイトのトレイス・シンドがデビルスクイッドの大群と共に参戦した際に逆転する。シンドの命令のもと、デビルスクイッドはリヴァイアサンに群がって攻撃した。アザードは、トランスポートがデビルスクイッドを相手にする間、敵のクラカーナとの戦いを、トランスポートに格納されているシャーク・ファイターに任せることに決めた。シャークを射出するためには一時的にシールドを解除する必要があったが、アザードは射出エリアに火力を集中させることで、クラカーナを追い払うことが出来ると信じていた。アザードは、消極的な性格のモン・カラマリには、戦いに命を懸けようとしない弱点があると考えていたのである。しかしこの決めつけが間違いであることは、その後の戦いで証明された。モン・カラマリの戦士たちは、命を投げ打ってシスのトランスポートに突撃し、この乗り物を破壊することに成功したのである。トランスポートのブリッジ区画は、残りの船体から切り離された。アイセンは何とか重症を免れたが、アザードは椅子に釘付けにされてしまう。アイセンは、アザードのライトセーバーを使って彼を解放し、フォースを使って窓を破壊することで、脱出を可能にした。アザードは、アイセンが自分を助けたことに驚いた。しかしアイセンは、彼らは同じワン・シスの一員であり、自分は暗黒卿クレイトから期待される行動をしたまでだと答えた。ふたりのシスは、アイセンが作った穴を通り、船の残骸から脱出した。彼らがモン・カラマリに放ったリヴァイアサンは、デビルスクイッドによってデビルズ・クレバスに引きずり込まれ、倒された。

ダック汚染

ダース・アザードとアイセンは、シス帝国によるダック占拠活動の監督を続けた。ふたりはダース・クレイトの代弁者を務めるダース・ウィーロックから連絡を受け、クレイトによるモン・カラマリ種の殲滅命令を完了すべきときが来た、と告げられる。ウィーロックはアイセンに、モン・カラマリの故郷ダックの海洋を汚染し、一間以内に全ての住民たちを殺害する計画、ファイナル・プロトコルを実行するよう命令した。アザードは、クオレン族など、ダックに住む他の種族はどうすべきかウィーロックに質問した。するとウィーロックは、クオレンを逃がすのは構わないが、援助はしてはならないと答えた。アイセンは、適所に配置したウイルス胞子を解き放ち、惑星の汚染を開始する。銀河同盟のガー・スタージは救出作戦を展開し、惑星の人口の20パーセントを救うことに成功した。

ナプドゥ

ダックから戻った後も、アザードとアイセンはモン・カラマリ種の根絶任務を続けた。彼らはモフラルフ・イェイジ指揮下の第1シス帝国攻撃部隊を率い、惑星ダ・スーチャの4番目の衛星ナプドゥへと赴いた。この月にはハット犯罪王アジム・アンジリアク・アティルエが住んでおり、シスはこの犯罪王がモン・カラマリの難民を匿っているのではないかと疑っていた。

ペレオン級スター・デストロイヤーウォー・ハンマー>から、アザードとアイセンはホロを経由してハットと連絡を取り、モン・カラマリの難民をダ・スーチャへと移すよう彼に命令したが、犯罪王はこれを拒否した。通信を切ったアザードは、ナプドゥの爆撃を開始する前に、ダック汚染の際に使用した毒物を攻撃部隊の爆撃機を使ってダ・スーチャにも放つよう、モフ・イェイジに命令した。攻撃部隊は衛星への攻撃を開始し、その住民のほとんどを殺害した。爆撃が完了した後、惑星に生き残りがいる可能性を考えてストームトルーパーが派遣された。任務が大勝利に終わったと判断したシスは、部隊を呼び戻すよう命令した。

AzardDeath-Legacy50

ウルフ・サゼンに殺されるダース・アザード

ナプドゥでの成功の後、アザードとアイセンは惑星ウータパウへと赴き、この惑星に多数存在する縦穴のひとつに、アイセンの研究所をつくった。アザードたちは、銀河同盟やダックからの避難活動で負傷した人々に支援を行っていた惑星の原住民、パウアンウータイを完全に抹殺するつもりだった。また、アイセンは、軌道に艦隊を配置してウータパウを訪れていたスタージ提督を暗殺するため、エージェントを用意していた。アイセンがウータパウ市民の汚染を準備していたとき、この科学者が銀河にもたらす脅威を排除すべく、ケイド・スカイウォーカーグランド・マスタールーク・スカイウォーカーの末裔で、元ジェダイのバウンティ・ハンター)と、彼のかつてのマスターウルフ・サゼンがウータパウに到着した。

アイセンが毒物の準備を整えたちょうどそのとき、スカイウォーカーとサゼンがふたりのシスを襲撃した。スカイウォーカーとサゼンの両方を相手に戦いながら、アザードはアイセンに毒を放つように命令した。しかし、サゼンはアザードを引き受け、そのあいだにスカイウォーカーがアイセンを追跡した。ジェダイ・マスターと戦っている途中、アザードはフォースを通して暗黒卿ダース・クレイトの呼びかけを感じた(アザードは、クレイト卿は重傷を負って休眠状態にあると思っていた)。アザードの気がそれた好機を逃さず、サゼンはライトセーバーでこのシス卿を殺害した。一方、スカイウォーカーも毒物を放とうとするアイセンを阻止し、このシスの科学者を殺すことに成功した。

個性と特徴

Azard sneaky

銀河同盟兵士を突き殺すアザード

ワン・シスのメンバーだったダース・アザードは、クオレンという種族よりも、シスであることが何よりも優先されると考えていた。ダース・クレイトの指揮下には完全なシスが求められると信じるアザードは、暗黒卿に何の疑問も持たずに服従していた。シスの科学者ヴァル・アイセンとともに行動していたとき、アザードはアイセンの生まれつきの好奇心旺盛さが真のシスの考えに反していると考え、ダースの称号を持たないワン・シスのメンバーに対する軽蔑を露わにした。そのため、ふたりの間の緊張感は高まっていた。大破したシャトルの中でアイセンに救われた際、彼に差別的な考えを持っていたアザードは驚いた。また、アザードはリヴァイアサンに関してほとんど知識を持ち合わせておらず、彼がシスの知識や歴史に詳しくないことは明らかだった。ウータパウにおいて、アザードはそれまでのアイセンへの軽蔑的な姿勢とは異なり、任務の指揮権がいまやアイセンにあることを理解した。

オーダーのほとんどのメンバーと同様に、アザードの顔と体全体は赤と黒のシス・タトゥーで覆われていた。ダース・アザードはシス卿ダース・ヴェイダーの歴史を学び、軍隊の司令スタイルではヴェイダーとよく似た哲学を持っていた。彼は攻撃的で短気な性格をしており、失敗を犯した部下をすぐに処刑した。彼は指揮下の人々から恐れられていた。ドルー・ヴァラン提督は、失敗を犯したあと、シス卿に会うよりも自殺する道を選んだ。アザードは尊大でもあり、インペリアル・ナイトのトレイス・シンドは自分の能力よりも劣る存在だと信じていた。

力と能力

AzardProtectionBubble

フォースで自身を守るダース・アザード

ダース・アザードは、ダブル=ブレードのライトセーバーの扱いに熟練していた。彼は通常、アサージ・ヴェントレスのものと似た曲がった柄のライトセーバーを使用した。彼はまた、インペリアル・ナイトのトレイス・シンドとの戦いの中で、ダブル=ブレードの片一方だけの刃を使うライトセーバー戦闘技術も見せている。シンドはインペリアル・ナイトのマスターであるにも関わらず、アザードを倒すことに失敗し、ローグ中隊の仲間が起こした爆発に乗じて逃げ去った。

ライトセーバーの技術とは別に、アザードは熟練したフォースの使用者でもあった。彼はフォース・チョークのようなフォースの念力を使うことが可能で、ワン・シスの多くのメンバーと同様、フォース・ライトニングの使用にも熟練していた。ダース・アザードはまた、フォースの中に乱れを感じ、その源を追って相手を追跡することや、ヴァル・アイセンとともにシスのリヴァイアサンを呼び覚ますことも出来た。防御面では、アザードはフォース・エネルギーのシールドを周囲に張って自分の身を守ることが出来た。

制作の舞台裏

このキャラクターは、作家ジョン・オストランダーによって作り出され、コミック・ブック・シリーズ『Star Wars: Legacy』の第20話、『Indomitable, Part1』で初登場を果たした。ダース・アザードが登場するコミック・シリーズは邦訳されていない。

登場作品

Wiki-shrinkable
ウーキーペディアにはダース・アザードに関する11枚の画像があります。
  • Star Wars: Legacy 20: Indomitable, Part 1 (初登場)
  • Star Wars: Legacy 21: Indomitable, Part 2 (言及のみ)
  • Star Wars: Legacy 22: The Wrath of the Dragon
  • Star Wars: Legacy: Fight Another Dac
  • Star Wars: Legacy 47: The Fate of Dac
  • Star Wars: Legacy: Extremes

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。