FANDOM


DarkSideAdepts swenc

皇帝パルパティーンのダークサイドの達人、ゲリブ・アプ=ルーフサヴード・シムラム

「私のように皇帝側につくんだ そうすれば皇帝は私にしてくれたようにお前を強くしてくれるぞ!」
ルーク・スカイウォーカーに対し、セドリス・QL[出典]

ダークサイドの達人[1](Dark Side Adept)は、ジェダイシスの伝統にはとらわれずにダークサイドの力を使う、フォース=センシティブの総称である。ダークサイドの達人は、部族のシャーマンや遊牧的な魔術師、あるいは国家の指導者に使えるしもべなど、様々な形態で存在した。ダークサイドの達人は、しばしばダークサイドの統治者が治める国家に仕え、王室の護衛者、あるいはアドバイザーとして活動した。

ダークサイドの達人の大半はフォースに適性を持ち、ダークサイドの教義に基づく初歩的な訓練を受けていた。ダークサイドの達人のマスターはシスに属す人物であることが多かったが、たいていの場合、達人本人はシスではなかった。

歴史

ダークサイドの達人の歴史は、古代のオンダロンにまでさかのぼる。アマノア女王オムミンは、ダークサイドの達人をロイヤル・ガードとして使っていた。王と女王は彼らを個人的な護衛として使うのを好んだが、一方でナッド教徒軍隊も大部分がダークサイドの達人から成り立っていた。オムミンとアマノアに仕えた達人のうち、名前が知られているのは、オムミンの補佐官を務めたノヴァーと、ダーク・ジェダイウォーブ・ナルである。フリードン・ナッドの反乱の後、オンダロンのダークサイドの達人のほとんどが一掃された。しかし、3,997 BBY当時も何名かは生き残り、ダークサイドの伝統を実践していたことが知られている。ニーボラスクもそのひとりである。

銀河帝国の時代、シスの暗黒卿である皇帝パルパティーンダース・シディアス)とダース・ヴェイダーのふたりを除くダークサイダーは、全てダークサイドの達人とみなされた。より厳密には、銀河帝国(特に、パルパティーンがクローンの肉体で復活して以降の帝国)に属すダークサイダーが、ダークサイドの達人と呼ばれた。パルパティーンの時代に存在したダークサイドの達人の正確な人数は不明だが、600人を超えていたことが知られている。

パルパティーンは、いずれ銀河帝国の役人をすべてダークサイドの達人にしようと考えていた。帝国のダークサイドの達人のうち、最高位のメンバーは尋問官と呼ばれた。他にも、皇帝の手ダークサイドの預言者ダークサイド・エリートビィス・メイジ、帝国のフォース・アデプトインペリアル・ソヴァリン・プロテクター皇帝のシャドウ・ガード、一部の皇帝のロイヤル・ガードインペリアル・セネト・ガードインペリアル・セネト・センティネル、第一世代のインペリアル・センティネルセーバー・ガードインペリアル・シス・アコライトダークサイドの高位達人ナイトシスター・シス・ウィッチシャサのオーダー銀河内戦期の一時)、そして様々なダーク・ジェダイなど、数多くのダークサイドの達人が帝国に存在した。

帝国のダークサイドの達人

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。