FANDOM


正史版の内容を紹介しています。  レジェンズ版の内容はこちらをクリック。 
Rebels-logo-big.png

ネタバレの予感がする…

※ネタバレ注意:このページは『スター・ウォーズ 反乱者たち』日本未公開エピソードからの大きなネタバレ情報を含みます。

「ダントゥインです。基地はダントゥインにあります」
レイア・オーガナ[出典]

ダントゥイン(Dantooine)は銀河系アウター・リム・テリトリーに属す惑星である。森林が広がる緑の惑星で、マイトズ・アローと呼ばれるハイパースペース・ルート上に位置した。ダントゥインには反乱同盟の基地が置かれていたが、スカリフの戦い当時には放棄されていた。

歴史

クローン戦争

クローン戦争中、ジェダイ・マスターメイス・ウィンドゥ銀河共和国の部隊を率いてダントゥインの戦いを指揮した。第二次ジオノーシスの戦いの後、パダワンアソーカ・タノバリス・オフィーはダントゥインで負傷したクローン・トルーパーに医薬品を届けるため、オード・セスタス医療ステーションに向かった。

帝国時代

帝国時代2 BBY反乱軍へ亡命した帝国元老院議員モン・モスマは、ゴールド中隊フェニックス・リーダーヘラ・シンドゥーラ率いるスペクターズ反乱分子の助けを借り、危険なアーキオン・パスしてダントゥインに到着した。各地の反乱分子をまとめ上げて“共和国再建のための同盟”を設立するため、モスマはダントゥインの軌道からホロネットに帝国への反抗を促すスピーチを発信した。それからしばらくして、スピーチに触発された反乱分子の艦隊がダントゥイン上空に集結した。

反乱同盟軍はダントゥインを一時的な拠点に使っていた。しかし、この基地はスカリフの戦いが発生した頃には既に放棄されており、同盟軍最高司令部衛星ヤヴィン4ベース・ワンに移っていた。

0 BBYデス・スターの囚人になったプリンセスレイア・オーガナは、同盟軍基地の居場所を言わなければ故郷オルデランを破壊するとグランドモフウィルハフ・ターキンに脅され、ダントゥインの名を口にした。しかし、ターキンはデス・スターのスーパーレーザーの実験台としてダントゥインは“遠すぎて効果的な見せしめにならない”と語り、レイアとの約束を破ってオルデランを破壊する。その後、カシオ・タッグら帝国軍の将兵が ダントゥインを調査し同盟軍基地を見つけるも既に放棄された後であるという報告を部下から受けたターキンは激怒し、レイアを即刻処刑するよう命じた。

帝国宇宙軍士官のセイン・キレルはダントゥインへ派遣された基地偵察チームの一員だった。放棄された基地を調査したキレルは、同盟軍が思っていた以上に洗練された高度な組織であることに驚いた。

登場作品

TheRebellion SecretCargo.png

ダントゥインに集結した反乱軍艦隊

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki