FANDOM


「ダヌータでは、これが初仕事となる同盟軍の将校カイル・カターンが帝国軍施設に侵入し、それとはべつの設計図を手に入れた。ふたつのリードアウトをあわせると、デス・スターの極から極までそろう完全な設計図となった」
ヴォレン・ナル[出典]

ダヌータの任務(Mission to Danuta)は、銀河内戦の初期に、スカイフック作戦の第二段階として行われた作戦である。共和国再建のための同盟は、初代デス・スターによって惑星デスペイヤー破壊されたことと、デス・スター設計図ダヌータに保管されていることを、トワイレックリアナ・サレンから知らされた。銀河帝国超兵器の弱点を突き止めるため、同盟軍はサレンやカイル・カターンたち工作員をダヌータに潜入させた。

参考資料

  [Source]

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。