FANDOM


Atticon

正史へ移行されていないレジェンズの記事

この記事は正史版を作成する必要があります。

ダニル・フェイトーニ[2]Dannl Faytonni)は惑星コレリア出身の人間の男性。彼はもともと銀河共和国の役人になることを切望していたが、あるチェンジリングによって騙され、スパイス鉱山で働くことになってしまった。法の下で働くという望みが必然的に潰え、フェイトーニは詐欺師を生業にすることを決める。彼は器用な友人アチク・メド=ベクと組み、ギャンブルと詐欺をするために銀河を横切り首都惑星コルサントへと向かった。

だがコルサントに着くと彼と彼のパートナーはココ刑務所に短期間捕らえられてしまった。ふたりは脱獄し、これはニュースになる。彼らはアウトランダー・クラブに行き着き、そこで詐欺の標的を狙うようになった。彼らはオーキー・ドークスマガルーフなどを騙すことに成功している。

経歴

Editicon このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

制作の舞台裏

ダニル・フェイトーニを『クローンの攻撃』及び『シスの復讐』で演じたのは、スター・ウォーズ映画6作でC-3POも演じたアンソニー・ダニエルズである。

登場作品

The Clone Wars: Departure

参考資料

脚注