FANDOM


正史版の内容はこちらをクリック。  レジェンズ版の内容を紹介しています。 

ダック(Dac)はアウター・リム・テリトリーカラマリ宙域カラマリ星系にある海洋惑星である。ダックという呼称はモン・カラマリアン語クオレン語による名前であり、ベーシックではモン・カラマリ(Mon Calamari)、あるいは単にカラマリとして知られる。

概要

Mon Cal city TFUCG.jpg

モン・カラマリの街

惑星モン・カラマリの海洋には、美しくも危険な、さまざまな生命体が存在し、多くの自然の驚異にあふれている。例えば、拶猛で巨大な捕食魚、クラカーナは鋭い歯を持ち、機敏な動きで2つのハサミを使い獲物を捕らえて引き裂く。そして、もうひとつの深海の驚異はホエーラドンだ。この大池端洋哺乳類はモン・カラマリの3番目の知覚動物で、モン・カラマリクオレンとは別に生息し、独自の文哨、文化を築いた。しかし、帝国はホエーラドンを食肉にするため、残虐に狩猟した。

また、モン・カラマリとクオレンから惑星ダックの最も責重な資源とみなされる海の宝は、ノリッジ・バンクだ。ノリッジ・バンクは非常に知能が高く、データ保存許容量の大きい巨大な2枚貝の集団だ。モン・カラマリの海で起きたあらゆる出来事の詳細なデータを蓄えており、責重な歴史記録とみなされているノリッジ・バンクに接近するのは、意志の弱い者にとっては危険なのである。

種族

モン・カラマリ自体は昔から平和な惑星であるが、その歴史は苦悩と戦いの連続だった。惑星の表面はほぼ海に覆われていて、原住民のエイリアン種族はすべて、水と密接な関係があった。その中で最も繁栄しているのは、知的で穏やかながら、意志が強いモン・カラマリである。ちなみに、反乱同盟軍ギアル・アクバー提督はモン・カラマリであり、誰よりも尊敬されていた。

モン・カラマリ、通称モン・カルは水に住むクオレンと共存している。モン・カルが早くから宇宙航行に積極的で、生き物のようにも見える宇宙船で航行するのに対して、クオレンは水面下に留まって満足していた。クオレンが進化したモン・カルに初めて遭遇してから、長いこと戦いが続いたものの、2種はそれからほぼ平和的に共存していた。

歴史

Editicon.png このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki