Fandom

Wookieepedia

ダスト・ストーム

9,764このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク1 シェアする

ダスト・ストーム(Dust storm)は砂や塵が吹き上げられて起こる気象現象。

砂漠の惑星タトゥイーンでは、存在する生命体は気温に苦しめられるだけでなく、猛威をふるう殺人的なダスト・ストームによって手あたりしだいに打ちのめされた。入植者たちがサンドホイール(砂の渦)というあだ名をつけたこの砂漠の嵐は、肉をも引きちぎる疾風が吹き荒れる。何日も続くこともあり、生き物を窒息させ、目をつぶす砂塵が町中をのみ込む。入植者たちは砂嵐から逃れるために、地下シェルターや砂塵を弾く技術が使用された防護デュラクリートの建物に避難することを学んでいた。

ダスト・ストームは、ナトリウムをいっぱいに含んだ砂丘が、岩石の大峡谷と交わる所で発生して立ち昇る盲が、吹き荒れる風によって運ばれた蒸気とまじったときに起きると考えられた。また、ダスト・ストームが引き起こす風食は、奇妙なマッシュルーム形の岩石を形成する要因と見られている。街や都市の多くが集中する、タトゥイーンの居住可能なエリアのほとんどは北半球のある地帯に集中していて、この場所は惑星の他のどの地域よりも生存に適していた。珪酸塩を豊麗に含む地表申の鉱石埋蔵地域が集中しているおかげで、生命の存在を許すこの地帯が形成されたと考えられる。この一帯が磁気を帯びているという不思議な特性は、双子の太陽から二重に照射される強力な放射線をさえぎる効果を持っていた。

登場作品

外部リンク

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki