FANDOM


「ここにいる誰もがすでに知っていることを伝えたまでだ。ダジオ・ベルコーズは、自分よりずっと才能ある者が作ったプログラミングを長年おのれの手柄にしてきた、二流の男だとな」
―ゲイレン・アーソ[出典]

ダジオ・ベルコーズ(Dagio Belcoze)はイクトッチイ種族男性で、共和国フューチャーズ・プログラムを卒業した銀河共和国コンピューターエンジニアである。クローン戦争中、ベルコーズはドクターグーバッカーが率いる人工知能チームの一員として、大型バトル・ステーション用の強化型監督ドロイドの設計に携わっていた。戦争中、フューチャーズ・プログラムの同窓会に参加したベルコーズは、共和国が分離主義者首都ラクサスを爆撃すべきだと言い散らし、に酔ってゲイレン・アーソと喧嘩になった。帝国時代、ベルコーズはマルパズ天体パワー・プロジェクトに参加したが、この惑星の施設が破壊された後、消息不明となった。[1]

脚注