FANDOM


ダシラ・ドベック(Dashira Dobeq)は惑星ライロス出身の女性彫刻家画家である。銀河共和国時代の末期にオルデラン美術アカデミーに作品を展示した後、ブレア・オーガナ女王の宮廷に迎え入れられた。フィニス・ヴァローラムが共和国の最高議長だった時代、ドベックはポスター千年紀式典へのご招待』の製作に携わった。ドベックは下級役人ナヴィーラ・ベトゥインによるコンセプト・デザインやレイアウトをもとに最終的な仕上げを担当したが、当時人気の低下に悩んでいた最高議長は世間からのイメージを気にしてデザインを250回以上もやり直しさせた。結局、デザインの監督はヴァローラムの友人であるシーヴ・パルパティーン元老院議員に任せられることになった。また分離主義危機の時代、ドベックはブレアの夫であるベイル・オーガナ議員の頼みを引き受け、その芸術的才能をロイヤリスト・コミッティーのために役立てた。[1]

参考資料

脚注