FANDOM


ダイアチウム・パワー・セル(Diatium power cell)、別名ダイアチウム・パワー・コア(Diatium power core)は主にライトセーバーの動力源として使用された装置である。[1] ダイアチウム・パワー・セルはカイバー・クリスタルの真下に配置され、パワー・ボルテックス・リングやパワー・フィールド伝導帯、不活性パワー・インシュレーター等の装置が周囲に取り付けられた。[2]

オビ=ワン・ケノービ最初のライトセーバーはダイアチウム・パワー・セルがハンド・グリップで覆われていた。また、ダース・ヴェイダーライトセーバーには高出力のパワー・セルが組み込まれていた。[1]

冷戦の時代、マズ・カナタ骨董品箱には古いダイアチウム・パワー・コアが保管されていた。[3]

参考資料

脚注

ライトセーバー
ライトセーバーのフォーム
フォームI - フォームII - フォームIII - フォームIV - フォームV - フォームVI - フォームVII
ライトセーバーの種類
ケイン・ライトセーバー - クロスガード・ライトセーバー - カーブド=ヒルト・ライトセーバー - ダークセーバー - ダブル=ブレード・ライトセーバー
ダブル=ブレード回転式ライトセーバー - ライトセーバー=ブラスター - ライトセーバー・パイク - ショート・ライトセーバー
ライトセーバーの部品
カイバー・クリスタル - 磁気安定リング - 焦点レンズ - ダイアチウム・パワー・セル - 不活性パワー・インシュレーター
ブレード・エミッター - ブレード出力調整器 - ブレード伸縮調整器 - ポメル・キャップ
関連記事
ギャザリング - ライトセーバー戦 - ライトセーバー・ヒルト
[テンプレート]