FANDOM


ターリン/ベンシック採掘事業(Turlin/Benthic Extraction)はワディ・ラッファなどのレガシー惑星で採掘権を持っていた鉱業コンソーシアムである。彼らは環境保護に配慮しながらドゥーニウムドロヴァイトカムリスメリーニウムなどの鉱石をワディ・ラッファの深海で収集した。帝国時代の初期、ワディ・ラッファの資源を狙っていた銀河帝国は、旧分離主義勢力の武器を惑星へ密輸させ、ターリン/ベンシックを武器入手の罪で告発した。ターリン/ベンシックの事業は帝国によって乗っ取られ、ワディ・ラッファの資源はデス・スター建造計画に利用された。[1]

登場作品

脚注

  1. 1.0 1.1 1.2 出典:カタリスト

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。