FANDOM


「さらばじゃ、ターフル。さらば、チューバッカ。辛い別れじゃ」
ヨーダ[出典]

ターフル(Tarfful)はウーキー男性で、惑星キャッシークの戦士たちを率いた市長であり将軍クローン戦争中、ターフルはもっとも信頼のおける部下たちとともに衛星ワスカーへ攻め入り、トランドーシャンの狩人に捕まった友人のチューバッカや、ジェダイパダワンアソーカ・タノを救った。戦争の終盤、ターフル将軍は分離主義勢力から母星を守るためジェダイ・マスターヨーダルミナーラ・アンドゥリと並んで戦った。

経歴

生い立ち

ウーキー男性、ターフルはミッド・リム惑星キャッシークに生まれ、銀河共和国時代の末期に沿岸都市カチーホ市長を務めていた。また、彼は将軍としてウーキーの戦士の指揮を執った。[1]

ワスカーの戦い

Ramy thrown-WH

トランドーシャンと戦うターフル

クローン戦争中の20 BBY、ターフルの友人のチューバッカガーナック率いるトランドーシャン狩猟ギルドによって捕らえられ、衛星ワスカーへ連れ去られた。トランドーシャンのハンターは密林の島に一般市民や若いジェダイを監禁し、無慈悲な殺戮ゲームの獲物にしていたのである。しかしパダワンアソーカ・タノ訓練生ジンクスオ=メアらと協力して最初の攻撃を生き延びたチューバッカは、墜落した奴隷運搬船の部品を使ってトランスミッターを作成する。チューバッカの遭難信号を受け取ったターフルは、賞金稼ぎスギセリパスを雇い、スギのSS-54アサルト・シップヘイロー>でワスカーに急行した。[4]

ターフルと部下たちはユブリキアン浮遊要塞に乗り込み、トランドーシャンのハンターを次々と倒していった。ターフルも自ら戦いに参加し、ラミーギラスとの決闘に勝利した。アソーカ・タノが首領のガーナックを倒して戦いを終わらせた後、ターフルたちの乗る<ヘイロー>は若きジェダイを惑星コルサントジェダイ・テンプルへ届けた。船がテンプルのベイに着陸すると、ヨーダメイス・ウィンドゥといったジェダイ最高評議会のメンバーが直々に生存者とウーキーの戦士を出迎えた。[4]

キャッシーク防衛戦

Wookieegoodbye

ヨーダとの別れ

19 BBY独立星系連合がキャッシークへ侵攻すると、ターフルは故郷を守るためグランド・マスター・ヨーダやルミナーラ・アンドゥリ将軍とともに侵略者と戦った。ウーキーは共和国グランド・アーミークローン・トルーパーと協力してカチーホ沿岸の防衛線を維持し、ターフルは樹上の司令センターでヨーダに付き従った。戦闘中、共和国の最高議長シーヴ・パルパティーンによってオーダー66が発令され、ヨーダは部下のクローン・コマンダーグリーに命を狙われた。その後、独立星系連合のバトル・ドロイドが突如として機能を停止し、キャッシークの戦いに終止符が打たれたが、ターフルとチューバッカはクローン・トルーパーの標的となったヨーダの逃亡を手伝い、AT-RTウォーカーの捜索部隊から身を隠した。その日の夜、ヨーダはウーキーの友人に別れを告げて脱出ポッドに乗り込み、惑星キャッシークを去っていった。[3]

個性と特徴

ターフルは身長2.32メートルの巨体のウーキーで、全身を濃い茶色の毛皮に覆われていた。彼はチューバッカと親しく、ジェダイ・マスターのヨーダとも信頼関係を築いていた。[2] ターフルは頭の毛を7本の束にまとめていた。[5]

装備

ターフルは肩にアーマーを装着し、キャッシーク・ロング=ガンを携帯していた。彼の長大なライフルは完成までに2,000クレジットの費用がかかっていた。[5] また、彼は他にもボウキャスターブラスター・ライフルを使うこともあり、オーヴェイアー・ジェット・カタマランを乗りこなした。[2]

制作の舞台裏

マイケル・キングマが映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』でターフルを演じた。

登場作品

Tarfful SWE

ターフル

参考資料

脚注

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。