FANDOM


ターコ=セ(Tarko-se)は惑星ケイト・ニモーディア橋上都市である。レクリエーション施設で知られていた。首都であるザーラと並び、ターコ=セはケイト・ニモーディア最大の都市のひとつだった。

歴史

Merillion Tarko

ターコ=セの統治者、メリリオン・ターコ男爵

クローン戦争の時代まで、ターコ=セは惑星ケイト・ニモーディアで最も裕福かつ重要な都市のひとつだった。

クローン戦争が終結し、惑星を支配していたトレード・フェデレーションが解体されると、銀河帝国がこの都市を支配するようになった。統治者となったメリリオン・ターコ男爵は、この都市でインフィナイト・ネブスター・カジノを含む多数のカジノやバーを運営した。しかし、ターコが提供した最大のアトラクションは、有名なターコ=セ・アリーナだった。反乱同盟ラーム・コタ将軍がターコ=セの囚人となった際、ターコはアリーナでコタと猛獣を戦わせ、見世物にしていた。コタを救出するためケイト・ニモーディアにやって来たスターキラーギャレン・マレッククローン)は、ターコ=セの東ブリッジから西ブリッジへと進み、アリーナにたどり着いた。ターコは、都市の安全を心配する部下のニモーディアンを無視し、巨大獣ゴログを放って侵入者を倒そうとした。

ゴログとの長い戦いの後、アリーナの建物の大半がブリッジから地表へと落下していった。スターキラーとコタはターコの周囲のストームトルーパーを倒し、男爵を無防備にした。ターコは彼らに降伏しようとしたが、ゴログに掴まれ、食い殺されてしまった。この直後、アリーナの残りの部分もゴログとともに落下していった。

登場作品

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki