FANDOM


タング[1](Taung)は、古代の類人猿型ヒューマノイド知覚種族である。銀河系コア・ワールド惑星コルサント出身のタングは、灰の肌と、2メートルの巨体を持つ種族だった。若い頃から戦士だったタングは、個人や々の名誉は、戦いによってもたらされると信じていた。

特徴

背が高く強力な種族、タングは生まれつきの戦士だった。灰色の肌の色合いを除いては、彼らの体つきは人間と似ていた。彼らの顔の基準となるラインは人間のそれとは全く異なっており、マンダロリアンのヘルメットと類似していた。

歴史

Taung

タング

銀河共和国が誕生するよりも以前の時代、タングたちは惑星コルサントの覇権を巡り、原住の人間からなる13の国家、ズェル軍と戦った。ズェル軍は一時、火山の突然の噴火によってもう少しで壊滅するところだったが、最終的にズェルたちはタングをコルサントから追い出すことに成功している。このときの火山の噴火で2年間に渡り、黒い灰まじりの煙がタング軍の上にそびえたため、タングたちは畏敬の念をこめ、自分たちを影の戦士(Warriors of the Shadow)、古代のことばでダ・ウェルダ・ヴェルダと呼んだ。

タングたちは伝説的なリーダーであるマンダロア・ザ・ファーストの指揮のもと、最終的に別の惑星を征服してそこに落ち着いた。彼らは自分たちの指導者の名前に敬意を表し、惑星をマンダロアと名づける。また、種族全体を指す名前もマンダロリアン(彼らのことば、マンドア語ではマンドエイド)と名づけられる。

タングは最終的に絶滅することになったが、これは破壊的なマンダロリアン戦争の結果だと考えられている。しかしタングの遺産は滅びることなく後世に残り、そのひとつ叙事詩ダ・ウェルダ・ヴェルダはマンダロリアンの伝承となった。

種族の名前を指していた“シス”ということばがのちにシス・オーダーに引き継がれたのと同様に、“マンダロリアン”という名前は多くの種族から構成される戦士の部族及び文化を指す言葉となった。しかし、彼らは種族の違いに関わらず、マンダロリアンの主義を堅く守っていた。ほとんどは人間からなっていたこれらのマンダロリアンは、タングの遺産を尊重していた。

タングたちの名前は彼らの言語に由来していた。彼らはしばしば個人の特徴の良いところを反映した名前、例えば不屈を意味する“エイティン”(Atin)や強さを意味する“コット”(Kot)などを選んでいた。タング・ハイツというコルサントの地区は、おそらくタングにちなんで名づけられたものである。銀河標準暦タングの日もそうした例のひとつである。

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。