FANDOM


Atticon

正史へ移行されていないレジェンズの記事

この記事は正史版を作成する必要があります。

タリス[1](Taris)はアウター・リム・テリトリーオジョスター宙域タリス星系に属す惑星である。星系内の5番目の軌道を周回し、ローグを含む4つの衛星を持っていた。この惑星の住民や、惑星産出の品を指してタリシアン(Tarisian)という言葉が使われた。タリスの惑星都市は、1世紀以上の繁栄の時代の中で開発が進み、結果的に大幅な人口過剰問題が発生することになった。もともとは銀河系の交易中心地だったタリスだったが、優れたトレード・ルートの導入により、急速に凋落していった。その後の惑星の歴史は、内乱と社会不安によって形作られていく。タリスは経済トラブルの埋め合わせのため工業化を図ったが、その結果海洋が汚染され、惑星の主要食料源がなくなってしまった。下層階級の間に飢饉が広がったが、富裕層は最後のわずかな必需品を貯蔵した。こうした事態はタリシアン内戦へと発展する。人間至上主義的なタリスの貴族と、大半がエイリアンで成り立っていた最下層階級が、この内紛で争った。その後、都市は分割され、下層階級はタリスの上層レベルに住むことを禁じられた。

マンダロア戦争中、マンダロリアン・ネオ=クルセイダーの侵略軍と戦うことに決めた反体制派のジェダイたちは、惑星タリスを重要な拠点として使っていた。下層階級が富裕層に圧迫されていたため、犯罪が激化していたが、タリスの政府はほとんど何の対応もとらなかった。タリスの下層階級の半数を雇用していた採鉱企業、ローサン・インダストリーズ社は、情勢不安を受けてタリスからの撤退を決断した。数百万という失業者たちが政府に対して暴動を起こし、銀河元老院のタリス代表議員や、地元の巡査を誘拐した。マンダロア戦争が終結するまで社会不安は収まらず、タリスに配置されていたジェダイも混沌の惑星を去ることになった。

ジェダイ内戦の時代、タリスの治安は回復していたが、スウープ・ギャング団と犯罪者たちがまだローワー・シティを支配していた。戦争中、タリスはダース・レヴァンシス帝国によって征服される。彼らはジェダイ・ナイトバスティラ・シャンを捕まえるためにタリスを封鎖した。しかし捜索がうまくいかなかったため、シスの指導者ダース・マラックはタリスの爆撃を命じ、無数の一般人を犠牲にした。この行為は、いかなる犠牲を払ってでも勝利を求めるという、マラックの帝国の本性を浮き彫りにし、シスに有利な政治的影響をもたらしたばかりか、戦争の風潮を変えた。

かつての繁栄には遠く及ばなかったものの、タリスはその後の数千で何とか立て直り、爆撃の被害から復旧した。コルサントナー・シャッダといった他の都市惑星と同様、タリスも上層レベルは治安が良く安全で、富裕層が居住していたが、下層レベルはギャング団の抗争が頻発し、悪党や貧しい人々が暮らしていた。

大銀河戦争中、ジェダイとシスの両勢力がタリスで計画を進めていた。ジェダイは、タリスを再建することで、災害から回復する力が自分たちに備わっていることを共和国市民に示し、士気を高めようとしていた。一方シスは、共和国に再建能力がないことを証明するために、ジェダイの計画の裏を描こうとしていた。

特徴

地形

Ebonhawk-flee

宇宙から見たタリス

タリスは、少なくとも全ての大陸が巨大都市によって覆われているエキュメノポリス(都市惑星)だった。しかし、他のエキュメノポリスとは異なり、タリスは惑星の大部分を占める大洋を有していた。かつてタリスの海は巨大な海藻農場として使われ、惑星の莫大な人口を支える食料源となっていた。しかし、こうした農場は環境汚染によって毒されてしまい、都市部の食物不足が発生した。

タリスの都市は、1世紀以上に及ぶ繁栄の時代の中で形成されていった。ナー・シャッダをはじめとする他のエキュメノポリスの場合、発展まで数世紀、あるいは数千かかったため、これは注目に値する早さと言える。都市のタワーは輝きながら高くそびえたち、他のエキュメノポリスには見られない、全体的に丸みを帯びた特徴を持っていた。しかし、長年の無法状態と抑圧の結果、惑星の下層レベルには本来のままの外見が残っていた。タリスのローワー・シティでは、主に非人間種族の住民が、貧困と絶望的な環境の中で生活していた。ほぼ裕福な人間しか住んでいないアッパー・シティには、下層階級の立ち入りが禁止されていた。レヴァンのシス帝国によって爆撃された際、タリスの都市は荒廃する。その後の数世紀で、都市のほとんどは再建されたが、多くの残骸が残された。

動植物

Tach

タリスやキャッシークに生息したタック

都市惑星のタリスは、比較的小規模な生態系を有していた。しかし、いくつか重要な種族も生息していた。

タリスの上層レベルでは、羽毛を持つイヌがもっぱら住民のペットとして飼育されていた。タリスの散歩道では、このユニークな生き物に鎖をつけ、散歩をする人々の姿を見ることが出来た。また、ローワー・シティでは、巨大なトカゲのような生き物が、廃棄物の山を押しのけるために飼いならされていた。

タリスに生息した野生動物のひとつに、サル型クリーチャーのタックがいた。タックは頭部に独特な腺を有しており、これを粉末状にすることでタリシアン・エール(タリスの主要輸出品)の材料になった。タックは本来キャッシークの原住種族だったため、タリスに生息したタックは、外部から持ち込まれた可能性がある。

タリスに生息した最も獰猛で恐ろしい種族は、アンダーシティの怪物ラクグールである。彼らは突然変異した人間で、アンダーシティの保護ゲートの外で、あらゆるものに冷酷な攻撃を仕掛けた。知覚種族がラクグールに接触した場合、ラクグール病に感染し、自らもまた怪物へと変身することになってしまった。

タリスの海洋には様々な海藻と海洋生物が生息し、タリシアンの食料として収穫されていた。これらのほとんどは、タリスの多数の工場による汚染で破壊される。生き残っていたものもタリシアンの貴族が消費したため、これらの種は絶滅した。

歴史

繁栄

タリスが銀河系の主要交易拠点になる数世紀前、どこからやって来たのかは明らかになっていない人間の宇宙船艦隊が惑星に植民し、都市の地下の建造を開始した。ルキルによると、ここはのちに約束の地となった。タリシアンはタリス行政当局によって支配されていた。その後、大陸面の全てが巨大都市(のちのアンダーシティ)によって覆われるようになった。この都市には下水道が整備されていた。人口が増加したため、アンダーシティの上に新しい都市がつくられ、これはのちのローワー・シティとなる。その後、さらに上にミドル・シティやアッパー・シティが建てられていき、約束の地は失われ、やがて忘れ去られた。穀物を栽培したり、家畜を育てるための土地がなかったため、海藻や海の動物がタリス唯一の食料源だった。

タリスを訪れたり、住みついたりする他のエイリアン種族も現れた。銀河共和国は繁栄を開始したこの惑星に関心を抱くようになった。パーレミアン・トレード・ルートと呼ばれるハイパーレーンから遠くない場所にあったタリスは、主要なハイパースペース交易ハブに位置し、“アウター・リムのコルサント”と呼ばれるようになる。タリスはすべての大陸が惑星規模の都市によって埋め尽くされ、エキュメノポリスになった。この惑星都市の威厳は、銀河系首都コルサントにも匹敵すると言われていた。しかし、コルサントやナー・シャッダといった他のエキュメノポリスとは異なり、タリスは完全に都市によって覆われていたわけではなく、都市として使われていない海洋も有していた。

衰退

Editicon このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

登場作品

  • "Shadows and Light"—Star Wars Tales 23 (ヴィジョンの中に登場)
  • Star Wars: Knights of the Old Republic 0: Crossroads
  • Star Wars: Knights of the Old Republic: Commencement
  • Star Wars: Knights of the Old Republic: Flashpoint (言及のみ)
  • Star Wars: Knights of the Old Republic 9: Flashpoint Interlude: Homecoming (言及のみ)
  • Star Wars: Knights of the Old Republic: Reunion (言及のみ)
  • HyperspaceIconLabor Pains (言及のみ)
  • Star Wars: Knights of the Old Republic: Days of Fear (言及のみ)
  • Star Wars: Knights of the Old Republic 16: Nights of Anger, Part 1 (ヴィジョンの中に登場)
  • Star Wars: Knights of the Old Republic 17: Nights of Anger, Part 2 (言及のみ)
  • The Taris Holofeed: Invasion Edition (言及のみ)
  • Star Wars: Knights of the Old Republic 20: Daze of Hate, Part 2 (言及のみ)
  • Star Wars: Knights of the Old Republic 21: Daze of Hate, Part 3 (言及のみ)
  • The Taris Holofeed Special Proclamation
  • Star Wars: Knights of the Old Republic: Knights of Suffering
  • Star Wars: Knights of the Old Republic 25: Vector, Part 1
  • Star Wars: Knights of the Old Republic 26: Vector, Part 2 (言及のみ)
  • Star Wars: Knights of the Old Republic 29: Exalted, Part 1 (言及のみ)
  • Star Wars: Knights of the Old Republic 31: Turnabout (言及のみ)
  • Star Wars: Knights of the Old Republic 33: Vindication, Part 2 (言及のみ)
  • Star Wars: Knights of the Old Republic 40: Dueling Ambitions, Part 2 Jaraelのヴィジョンの中に登場)
  • Star Wars: Knights of the Old Republic 46: Destroyer, Part 2 (言及のみ)
  • Star Wars: Knights of the Old Republic 48: Demon, Part 2 (言及のみ)
  • Star Wars: Knights of the Old Republic (初登場)
  • The Old Republic: Revan (言及のみ)
  • Star Wars: Knights of the Old Republic II: The Sith Lords (言及のみ)
  • Star Wars: The Old Republic
  • Star Wars: The Old Republic 2: The Lost Suns, Part 2
  • The Old Republic: Annihilation (言及のみ)
  • Darth Plagueis (言及のみ)
  • Star Wars: Dark Times 11: Vector, Part 5 (言及のみ)
  • スター・ウォーズ エンパイア・アット・ウォー
  • Star Wars: Empire at War: Forces of Corruption
  • Legacy of the Force: Bloodlines
  • ミレニアム・ファルコン
  • Fate of the Jedi: Abyss (言及のみ)
  • Star Wars: Legacy 28: Vector, Part 9 (言及のみ)
  • Star Wars: Legacy 30: Vector, Part 11 (言及のみ)

参考資料

Wiki-shrinkable
ウーキーペディアにはタリスに関する6枚の画像があります。

脚注

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki