FANDOM


タック=スペック社[1](Tac-Spec Corporation)はドロイドを製造していた組織だが、正確には企業ではなく、暗殺者のギルド、ジェノハラダンの表向きの顔だった。彼らの唯一の製品はごくわずかにしか製造されなかったFIIIフットマン・ドロイドである。およそ1,000 BBYから400 BBYまでの600ほど、タック=スペック社はビジネスを展開していた。

製品

登場作品

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『暗黒の会合』による。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki