FANDOM


《もうろくした愚か者は、引き際を心得ているものだ。だが、引き際を教えてやらねばならない場合もある》
―タス・リーチ[出典]

タス・リーチ(Tasu Leech)はエンドアの戦いの30後にカンジクラブを率いていた人物。ハットの植民地ナー・カンジで育ったリーチは、攻撃的なストリート・ファイターだった。リーチは“軟弱な者たちの軟弱な言語”であるベーシックを話すことを拒み、会話代わりに“ハットスプリッター”・ブラスター・ライフルを使うことを好んだ。[1]アウター・リム・テリトリーに拠点を置くリーチのギャング団グアヴィアン・デス・ギャングとライバル関係にあった。しかし、両者はハン・ソロに対する貸しを清算するため一時的に休戦する。[4]ファースト・オーダーレジスタンス紛争のさなか、カンジクラブとグアヴィアンはソロの貨物船エラヴァナ>に乗り込んだが、密輸品のラスターが解放されたことで悲劇に見舞われることになった。[3]

登場エピソード

参考資料

脚注