FANDOM


タスリン・ブランス(Taslin Brance)は人間男性で、ファースト・オーダーとの紛争の時代にレジスタンスに仕えた少佐

経歴

レジスタンス地上軍少佐を務めていたタスリン・ブランスは、エンドアの戦いからおよそ30標準年が過ぎた当時、レイア・オーガナ将軍をはじめとするレジスタンスの指導者たちと共に惑星ディカー本部で活動していた。

ブランス少佐は、ファースト・オーダーストームトルーパーが惑星ジャクートゥアナル村を襲撃し、ロア・サン・テッカが命を落としたことを報せる暗号メッセージを最初に受け取った。メッセージにはパイロットポー・ダメロンXウイング・ファイターが破壊されたという内容も含まれており、ブランスはダメロンと彼のアストロメク・ドロイドBB-8も敵に倒されてしまったのだろうと推測した。しかしオーガナ将軍は彼の考えは憶測にすぎないと指摘し、BB-8は困難な状況に打ち克つ機転を備えているため、望みは失われていないと語った。

新共和国銀河元老院が置かれている惑星、ホズニアン・プライムがファースト・オーダーの超兵器スターキラー基地によって破壊されたという報告が入った際も、ブランスはディカーのレジスタンス基地にいた。報告にショックと恐怖を覚えつつ、ブランスは惑星破壊の情報をオーガナやその他のレジスタンス指導者たちに伝達した。

制作の舞台裏

ブランスは2015年の映画『スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒』に登場した。エマン・エリオットがこのキャラクターを演じた。

ブランスは少佐の階級バッジを身に着けており、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒 ビジュアル・ディクショナリー』やStarWars.comデータバンクでも少佐と紹介されているが、アラン・ディーン・フォスターによる『フォースの覚醒』の小説版では中尉(Lieutenant)と呼ばれている。

登場作品

参考資料

脚注

レジスタンス
主な人物 レイア・オーガナ将軍 - アミリン・ホルド - エロー・アスティ - カルアン・イーマット - ギアル・アクバー - ケイデル・コー・コニックス - コー・セラ - ジェシカ・パヴァ - スタトゥラ - タスリン・ブランス - テミン・ウェクスリー - ナイン・ナン - ペイジ・ティコ - ハーター・カロニア - ポー・ダメロン - ローズ・ティコ
組織 レジスタンス司令部 - レジスタンス情報部 - ドロイド・スパイ網 - 地上兵站部門
軍隊 宇宙軍艦隊司令部 - スターファイター部隊 - レジスタンス・パイロット - ブラック中隊 - ブルー中隊 - レッド中隊
地上軍レジスタンス・トルーパー
主な乗り物 MG-100スターフォートレスSF-17 - MC85スター・クルーザー - RZ-2 Aウイング - T-70 Xウイング - V-4X-Dスキー・スピーダー - ネビュロンC - ヴァクビオア級貨物フリゲート - バンカー・バスター - レジスタンス・トランスポート
関連項目 ディカー - レジスタンス基地 - クレイト - 冷戦
[テンプレート]

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。