FANDOM


タイ=リン・ガー暗殺事件(Tai-Lin Garr's assassination)は28 ABY新共和国首都惑星ホズニアン・プライムで発生した事件である。新共和国銀河元老院タイ=リン・ガー議員が、アマクシン戦士団の指導者であるアリーズ・ハドラシアンによって暗殺された。この事件の直前、アマクシン戦士団はサイベンスコにおける戦闘で滅ぼされ、ハドラシアンはその復讐を求めていたのである。ガーはポピュリスト派閥の代表的政治家で、ポピュリストが擁立した主席議員候補でもあった。ガーを射殺した後、ハドラシアンはブラスターを自分自身に向けて命を絶った。

暗殺事件の後、ポピュリストたちは亡き盟友のために追悼式典を催した。その後、ファースト・オーダーの秘密エージェントとして暗躍していたセントリストレディカリース・シンディアン議員は、同じくセントリストのランソム・カスタルフォ議員に一連の事件の濡れ衣を着せた。カスタルフォとは派閥を超えた友人だったレイア・オーガナ議員は、旧家を説得してレディ・シンディアンの地位を奪い、彼女を貴族社会から追放することで報復を果たした。

登場エピソード