FANDOM


類似した名称の記事はタイオン(曖昧さ回避)を参照

タイオン[1](Tion)は貴族階級の人物で銀河帝国宇宙軍の准将。人間男性

経歴

タイオン卿はウィルハフ・ターキンの掲げた悪名高い"ターキン・ドクトリン"の信奉者だった。彼は銀河皇帝パルパティーンの政策に批判的だった惑星ラルティアの鎮圧の責任者を務めている。帝国軍はラルティリ・ハイ・カウンシルを解散させ、彼らを監獄キャンプへと送った。また、取調べセンターが設置され、ストームトルーパーは惑星の通りをパトロールした。そしてタイオンはラルティア星系全体を封鎖してしまう。彼は慈善援助団体が星系を出入りするのさえ禁じたほどである。これはパーレミアン・トレード・ルート沿いの商業に大きな損害を与える結果となる。

ヤヴィンの戦いの前、プリンセス・レイア・オーガナがラルティリ・ハイ・カウンシルに届ける医療品や物資を持ってラルティアに慈善任務に訪れる。タイオンはうかつにもこの女性の着陸を許してしまう。レイアは、この惑星で負傷した反乱同盟軍兵士と出会い、彼からデス・スターの情報を得たのだ。レイアとそのパイロット、レイマス・アンティリーズは新たにインストールされた惑星監視ウェブと、レイアに心酔していたタイオンの感情を惑星脱出のために利用した。レイアはオルデランに着くと、父のベイル・プレスター・オーガナからタイオンがディナーを誘って来たことを知らされる。オーガナたちはディナー中、タイオンからもっと多くのデス・スターの情報を得ようと試みる。数分の雑談の後、タイオンはレイアからデス・スターに関する話をするよう説得された。レイアはこのバトルステーションの話に驚かされることになる。だが、レイアは会話中に重大な失敗を犯した。"デス・スター"という言葉をタイオンの前で使ってしまったのだ。会話中では出てこなかったこの言葉をプリンセスが知っていたことに気づいたタイオンは、オーガナたちが同盟軍の一員だと断言する。彼は帝国軍をオルデランへ呼ぶと言って彼女たちを脅したが、それを実行することはできなかった。タイオンはレイアによって殺されたからだ。タイオンの死は、"事故"として処理された。

登場作品

  • Star Wars Empire: Princess... Warrior
  • Star Wars radio drama (初登場)
  • "Galaxywide NewsNets" - Star Wars Adventure Journal 3 (言及のみ)
  • ジェダイの失墜 (言及のみ)

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。