FANDOM


類似した名称の記事はタイオン(曖昧さ回避)を参照

タイオン同盟宙域[1](Allied Tion sector)、アライド・タイオン・セクター[2] は、銀河系アウター・リム・テリトリーに位置した宙域である。タイオン・ヘゲモニークロニーズ委任統治領とともに、タイオン星団を形成していた。

歴史

およそ25,000 BBY、タイオン同盟(アライド・タイオン)はデセヴロとタイオンの名誉ある同盟ジャミネア境界(それぞれ、暴君ジム帝国の残存勢力を形成したいくつかの支配領域のひとつ)の一部だった。タイオン同盟の大部分の惑星エクスパンショニスト時代銀河共和国の初期に植民された。この宙域が形成されたのは、タイオン星団が銀河共和国に加わったおよそ23,900 BBYのことである。

銀河共和国の晩年、タイオン星団は独立星系連合に加わった。クローン大戦中、この宙域でも何度か銀河共和国と分離主義勢力が戦った。

銀河内戦中、帝国宇宙軍軍艦ウォーロード>を含む)がタイオン同盟宙域を頻繁にパトロールした。この宙域で行われる取引の量や、供給基地として利用でき、コア・ワールドコーポレート・セクターの間にある主要ハイパーレーン上に位置するという戦略的重要性が、帝国軍が警戒していた理由だった。

エンドアの戦いの後、この宙域を含む星団全体はズンジの帝国に統合された。9 ABYズンジ敗北した後、この領域はスローン戦役の時代も含め、新共和国と銀河帝国の両方から独立していた。

スローン大提督の死後の出来事の中で、この宙域はモフグロンの監督下に置かれた。

領域

タイオン同盟宙域の首都は惑星ジャミネアだったが、サンセ/サイナー・テクノロジー社の本拠地が置かれた惑星リアナが最も有名だった。他の主な惑星には、カディンスロラドがある。

パーレミアン・トレード・ルートはタイオン同盟宙域の3つの星系を通過している。このため宙域はコア・ワールドコーポレート・セクターを繋ぐ通商の拠点という意味と、戦略的要地という意味で重要な場所となっていた。

経済

旧共和国の時代、タイオン同盟宙域は星団の中で最も活発に活動が行われた宙域だった。帝国の時代もこの領域は生産と通商の中心地であり、銀河系のほぼ15パーセントの客船(おそらく一部はサンセ旅客運送社のもの)はこの宙域から出港していた。実際、タイオン同盟宙域はリアナに拠点を置くサンセ/サイナーの企業一家によって支配されていた。

登場作品

  • WEG icon2 Mission to Lianna (初登場)

参考資料

脚注

  1. スター・ウォーズ・ユニバース』では、Allied Tionタイオン同盟星系と訳している。現在の設定ではAllied Tionは宙域であるため、この訳語を参考に「タイオン同盟宙域」とする。
  2. スター・ウォーズ・エンサイクロペディア』のリアナの項では、このカタカナ表記が使われている。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。