FANDOM


「俺たちはブラック・サンだぞ!」
―ゾミット・グランセイト[出典]

ゾミット・グランセイト(Xomit Grunseit)はファリーン男性で、クローン戦争期に犯罪結社ブラック・サンを指揮した首領。火山の惑星ムスタファーに活動拠点を置いていた。

経歴

銀河共和国時代の末期、ゾミット・グランセイトは惑星ムスタファーにある要塞ブラック・サンの指揮を執っていた。クローン戦争中、シス卿ダース・モールサヴァージ・オプレスデス・ウォッチの指導者プレ・ヴィズラが要塞を訪れ、ブラック・サンの戦力を自分たちに差し出すよう要求した。グランセイトは要求を拒否したが、次の瞬間にはオプレスのライトセーバーで首を切り落とされ、幹部たちと一緒に息絶えた。

その後、グランセイトの保安主任だったジットン・モジがブラック・サンの指揮権を引き継ぎ、モールが組織した犯罪同盟“シャドウ・コレクティヴ”に参加した。

登場エピソード

参考資料

他言語版